MEOとは?|基本的な設定手順、上位表示の対策まで詳しく解説【初心者向け】

2024/06/07

Image

2024/06/07

MEO

MEOとは?|基本的な設定手順、上位表示の対策まで詳しく解説【初心者向け】

2024/06/07

Image

2024/06/07

MEO

MEOとは?|基本的な設定手順、上位表示の対策まで詳しく解説【初心者向け】

2024/06/07

Image

2024/06/07

MEO
  • MEOの基礎知識がわかる

  • MEOの始め方がわかる

  • 上位表示のためのポイントが分かる

この記事でわかること

MEOとは、「Map Engine Optimization」の略称で、マップ検索エンジン最適化のことです。Googleマップなどの検索エンジンにおいて、自社の上位表示を目指すためのマーケティング手法です。


MEOは検索された地域内に存在する実店舗のみと表示順位を争います。そのため、成果をだすことができれば店舗への集客が見込めます。


本記事では、顧客層を拡大したい方や売上を伸ばしたい方向けに、MEOの基礎的知識から、始め方、上位表示のためのポイントを詳しく解説します。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティングの会社です。

自社コンテンツを中心に、課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、オウンドメディア支援、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで、

効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

  • MEOの基礎知識がわかる

  • MEOの始め方がわかる

  • 上位表示のためのポイントが分かる

この記事でわかること

MEOとは、「Map Engine Optimization」の略称で、マップ検索エンジン最適化のことです。Googleマップなどの検索エンジンにおいて、自社の上位表示を目指すためのマーケティング手法です。


MEOは検索された地域内に存在する実店舗のみと表示順位を争います。そのため、成果をだすことができれば店舗への集客が見込めます。


本記事では、顧客層を拡大したい方や売上を伸ばしたい方向けに、MEOの基礎的知識から、始め方、上位表示のためのポイントを詳しく解説します。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。

課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

  • MEOの基礎知識がわかる

  • MEOの始め方がわかる

  • 上位表示のためのポイントが分かる

この記事でわかること

MEOとは、「Map Engine Optimization」の略称で、マップ検索エンジン最適化のことです。Googleマップなどの検索エンジンにおいて、自社の上位表示を目指すためのマーケティング手法です。


MEOは検索された地域内に存在する実店舗のみと表示順位を争います。そのため、成果をだすことができれば店舗への集客が見込めます。


本記事では、顧客層を拡大したい方や売上を伸ばしたい方向けに、MEOの基礎的知識から、始め方、上位表示のためのポイントを詳しく解説します。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。
課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

目次

MEOとは?

 MEOとSEOの違い


MEOを行うメリット

 低コストで始められる

 中小店舗でも上位表示できる可能性が高い

 顧客とつながりやすい


MEO掲載順位の決まり方

 検索キーワードとの関連性

 ユーザーとの距離

 店舗の知名度


MEOの始め方|具体的な手順

 1.Googleビジネスプロフィールの登録・認証

  Googleビジネスプロフィールの作成画面にアクセスする

  ビジネス名と業種を入力する

  実店舗情報を選択する

  ビジネスのサービス提供地域を入力する

  電話番号とウェブサイトのURLを入力する

  オーナー確認方法を選択する

 2.キーワードの選定

 3.写真や動画の追加


MEO対策で上位表示を狙うためのポイント

 最新情報を提供する

 口コミを集める

 自社ウェブサイトのSEO対策をする


MEOとSEO、どちらから行う? 

 MEOから始めるのがおすすめの場合

 SEOから始めるのがおすすめの場合


まとめ|MEOは店舗運営に必須のマーケティング


よくある質問

目次

MEOとは?

 MEOとSEOの違い


MEOを行うメリット

 低コストで始められる

 中小店舗でも上位表示できる可能性が高い

 顧客とつながりやすい


MEO掲載順位の決まり方

 検索キーワードとの関連性

 ユーザーとの距離

 店舗の知名度


MEOの始め方|具体的な手順

 1.Googleビジネスプロフィールの登録・認証

  Googleビジネスプロフィールの作成画面にアクセスする

  ビジネス名と業種を入力する

  実店舗情報を選択する

  ビジネスのサービス提供地域を入力する

  電話番号とウェブサイトのURLを入力する

  オーナー確認方法を選択する

 2.キーワードの選定

 3.写真や動画の追加


MEO対策で上位表示を狙うためのポイント

 最新情報を提供する

 口コミを集める

 自社ウェブサイトのSEO対策をする


MEOとSEO、どちらから行う? 

 MEOから始めるのがおすすめの場合

 SEOから始めるのがおすすめの場合


まとめ|MEOは店舗運営に必須のマーケティング


よくある質問

目次

MEOとは?

 MEOとSEOの違い


MEOを行うメリット

 低コストで始められる

 中小店舗でも上位表示できる可能性が高い

 顧客とつながりやすい


MEO掲載順位の決まり方

 検索キーワードとの関連性

 ユーザーとの距離

 店舗の知名度


MEOの始め方|具体的な手順

 1.Googleビジネスプロフィールの登録・認証

  Googleビジネスプロフィールの作成画面にアクセスする

  ビジネス名と業種を入力する

  実店舗情報を選択する

  ビジネスのサービス提供地域を入力する

  電話番号とウェブサイトのURLを入力する

  オーナー確認方法を選択する

 2.キーワードの選定

 3.写真や動画の追加


MEO対策で上位表示を狙うためのポイント

 最新情報を提供する

 口コミを集める

 自社ウェブサイトのSEO対策をする


MEOとSEO、どちらから行う? 

 MEOから始めるのがおすすめの場合

 SEOから始めるのがおすすめの場合


まとめ|MEOは店舗運営に必須のマーケティング


よくある質問

MEOとは?


MEOとは、「Map Engine Optimization」の略称で、マップ検索エンジン最適化のことです。「ローカルSEO」、「ローカル検索」と言われることもあります。


Googleマップの検索結果で上位表示をさせ、露出数を増やす施策です。検索結果で上位表示されることで、自身が提供するビジネスの認知を拡大し、来店促進に繋げることを目的に実施されます。


お店を探す検索や地域名を含む検索を行うと、下記のように検索結果の1番上に表示されます。そのため、視認性が高くユーザーの目に留まりやすいのが特徴です。


MEOとは



MEOとSEOの違い


MEOと似たマーケティング用語として、SEOがあります。MEOとSEOはどちらも上位表示を狙うものですが、意味や施策は異なります。


MEOとSEOの違い


SEOは、一般的な検索エンジン(Googleなど)での検索結果画面で上位に表示されることを目指しますが、MEOは地図エンジンでの検索結果画面で上位に表示されることを目指します。


SEOでの競合は、SEO対策をしている同業他社です。その数は大変多い上に、同業他社の中には大企業も含まれます。大企業の方が信頼性や権威性が高く、サイテーションが発生しやすいため上位になりやすいという特徴があります。サイテーションとは特定の固有情報がインターネット上で記載されている状況のことです。


一方、MEOは検索された地域内に存在する実店舗のみと表示順位を争います。そのため、SEOよりも競合が少なく、上位に表示される確率も高くなります。


効果が出るのはMEOの方が早い傾向にあります。MEOの編集内容の審査は最長10分ほどで承認されますが、SEOではURLのクロールに数日から数週間かかることがあります。そのため、MEOの方が入力した情報が検索結果に表示されるのが早く、その分効果が出るのも早いとされています。SEOの詳しい仕組みや対策方法などについては、「SEOとは?今日からできる対策と基本となる考え方」をご覧ください。

MEOを行うメリット


ここまで、MEOとはなにか、SEOと比較しながら解説しました。売上を伸ばすためにMEO対策を行う際に、どんなメリットが得られるのか気になる方もいらっしゃると思います。


そこで、本章では、MEO対策を行なうメリットについて解説します。



簡単に始められる


MEOを始めるうえで必要となるのは、「Googleビジネスプロフィール」です。Googleビジネスプロフィールとは、Googleが提供するツールで、マップや検索などのGoogleサービスにおいて表示される自社の情報を管理するものです。


画面に表示される指示に沿って情報を入力するのみで設定でき、簡単に始めることができます。また、設定後は写真や動画の投稿や、口コミの返信などができますが、どれもプログラミングなどの専門技術を必要としないため、簡単に運用できます。



低コストで始められる


MEOを始めるためにはGoogleビジネスプロフィールが必要です。このビジネスプロフィールはGoogleから無償で提供されているため、対策費用がかかりません。


簡単に始められるため、代理店などに依頼せずに、自社で運用するのがSEOよりも簡単です。自社で運用する場合、すべてを無償で行うことができます。


さらに、SEOと比べて効果が見られるのも比較的早いため、時間コストも少なくて済みます。



中小店舗でも上位表示できる可能性が高い 

 

MEOは、検索された地域内に存在する実店舗との間で表示順位を争います。そのため、競合がしぼられます。そのメリットとして、ターゲティングの精度の向上が挙げられます。ローカルエリアにおける顧客のニーズや嗜好をより正確に把握し、それに応じた戦略を立てることが可能です。


また、競合が同地域に限定されると、競合分析を効果的に行えます。競合店舗のレビューや評価、提供しているサービスや商品の種類、価格帯などを簡単に比較でき、自店舗の強みや改善点を明確に把握できます。


これらにより、中小店舗でも上位表示できる可能性が高まります。



顧客とつながりやすい


Googleマップなどの地図で検索するユーザーの多くは、今「~に行きたい」「~が食べたい」などのニーズを持っています。そのため、検索したユーザーは、サービスを受けることを決めている可能性が高く、来店確率も高くなります。


また、店舗までの経路を調べやすいという地図検索エンジンならではの特徴を活かし、場所が不明であるなどの理由による、ユーザーの離脱を防ぐことができます。また、写真や動画などで訴求しやすく、顧客と繋がりやすくなっています。

MEO掲載順位の決まり方 


MEO対策を実際に行う前に、掲載順位の決まり方を理解する必要があります。なぜなら、なるべく上位に表示されることで、より効果が期待できるからです。


上位に掲載されると、見てもらいやすくなるため、ユーザーの認知度が高まり、集客効果が期待できます。特に、ローカルパックと呼ばれる検索画面の最上位に表示される3つのビジネスリストに乗ると、非常に視認性が高くなります。


そのため、MEO対策の効果を得るために、掲載順位の決定方法を理解してから実際にMEO対策を行うことをおすすめします。



検索キーワードとの関連性


関連性とは、検索語句とビジネスプロフィールの内容の一致度で決まります。これは、ビジネスプロフィールを基に判断されます。


関連性の評価を上げるためには、ユーザーが検索すると想定されるキーワードに関連する情報をビジネスプロフィールに盛り込むことが必要です。そのために、キーワードの検索意図やシチュエーションを考えて、トピックを掘り下げたり、細分化したりして幅広く関連付けていくことをおすすめします。


例えば、「レストラン」というキーワードに対しては、「デート、子ども連れ」といった使い道、お客さんのタイプについてのキーワードや、「パスタ、ピザ」のようなメニューについてのキーワードのように細分化・関連づけを行います。



ユーザーとの距離


距離は、ユーザーが検索語句で指定した場所から店舗までの距離で決まります。検索語句で場所を指定していない場合は検索時現在地からの距離になります。


検索によっては、特に距離が優先されるものもあります。そのキーワードの例としては以下のようなものがあります。


  • 飲食店

  • 教育施設

  • 医療施設

  • 美容院やジムといった地域に密着する店舗・施設



店舗の知名度


店舗の知名度は、視認性とも言われます。ここでいう視認性とは、オンライン・オフライン問わずどれくらい知られているかということです。オフラインの知名度も評価されるため、Googleビジネスプロフィールの管理・運用だけではこの項目の評価はなかなか上がりづらいのが実情です。


オフラインの知名度としては、例えば、有名な博物館や有名ブランド名をもつ店舗、ランドマークとなるホテルなどが挙げられます。ウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)や口コミも加味されており、口コミが多く評価が高いと、掲載順位が高くなります。

MEOの始め方|具体的な手順


ここまで、MEOとSEOの違いや、MEOのメリットについて解説してきました。では、どのように始めればいいのか、具体的な手順について説明します。今回は、主にMEOが行われるGoogleマップで上位表示を目指すための手順を説明します。


MEOを始めるための手順は以下の通りです。


  1. Googleビジネスプロフィールの登録

  2. キーワードの選定

  3. 写真や動画の追加



1.Googleビジネスプロフィールの登録・認証

Googleビジネスプロフィールの作成画面にアクセスする


はじめに、Googleビジネスプロフィール登録サイトにアクセスし、「今すぐ管理」をクリックして、登録を開始します。


Googleビジネスプロフィール

ビジネス名と業種を入力する


画面の指示に従い、自分自身がオーナーもしくは管理しているビジネスの名前、業種を入力します。


ビジネスの名前は、実際にウェブサイトや看板などに掲載されているものと同じ企業名や店舗名を入力します。


ビジネス名と業種


これはGoogleのガイドラインで定められており、キャッチコピーなどはガイドライン違反とみなされる可能性が高いため、避けましょう。


参照:Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン


ビジネス名のガイドライン

実店舗情報を選択する


ここまで進むと、「店舗やオフィスなど、ユーザーが実際に訪れることができる場所を追加しますか?」という表示が出ます。


営業時間内に店舗スタッフが居るビジネスの場合は、「はい」を選択し、住所を入力します。営業時間に店舗スタッフが不在のビジネスの場合には、「いいえ」を選択します。


実店舗情報

ビジネスのサービス提供地域を入力する


ビジネスのサービス提供地域は、最大20か所まで設定できます。適切な見込み顧客にアプローチできるよう、広くしすぎないことをおすすめします。Google公式では、車で2時間以内の範囲に収めることをおすすめしています。


サービス提供地域

電話番号とウェブサイトのURLを入力する


電話番号はウェブサイトに記載しているものと同じ番号となるようにします。


連絡先登録

オーナー確認方法を選択する


オーナーでない他人にGoogleビジネスプロフィールの管理権限が渡らないようにするため、「オーナー確認」が必要です。主な確認方法ははがきですが、他の確認方法を選択することも可能です。


Googleビジネスプロフィールのステータスが「確認済み」になると、オーナー確認まで完了した、とわかります。


オーナー確認方法



2.キーワードの選定


キーワードは、自身のGoogleビジネスプロフィールが上位表示されるために重要な要素です。自社が上位表示されるよう、地域内の競合他社と差別化を図ることを意識しながら選定することをおすすめします。


よく検索されるキーワードを選定することも重要ですが、検索ボリュームが大きすぎると、上位表示になりにくいため、注意が必要です。



3.写真や動画の追加


写真や動画は、ユーザーに魅力を伝え、選択してもらうために重要です。ユーザーの関心を引き付けることができ、クリック率や来店率を上げることができます。


店舗の雰囲気や商品に加え、外観も登録すると、来店するユーザーにとって便利なものになります。


店舗の写真を選択

MEO対策で上位表示を狙うためのポイント


ここまで、MEOの始め方について解説してきました。本章では、実際に運用するにあたって、効果を出すためのポイントを解説します。



最新情報を提供する


Googleビジネスプロフィールの情報が充実していると、検索キーワードと一致する確率も高まります。最新情報を定期的に更新すると、Google側がユーザーにとって有益なコンテンツだと判断し、上位表示されやすくなるのです。


また、最新情報であることは、ユーザーにとっても重要です。営業時間や電話番号などに誤りがあれば、来店機会を逃すだけでなく、ユーザーに不満を抱かせる可能性があります。最新情報の掲載には、投稿機能を使用することもおすすめです。


提供する情報としては、営業時間や電話番号、住所の他に、メニューや店舗の様子、自社のウェブサイトなどがあるとよいでしょう。



口コミを集める


寄せられた口コミの点数や数は、Googleビジネスプロフィールの評価に繋がり、表示順位にも影響を与えます。また、ユーザーは口コミの点数や数を判断材料として、店舗を選択することも多く、店舗の信頼性にもつながります。口コミを集める際には、顧客に対して口コミを依頼することで数を増やすことも1つの手段です。


また、寄せられた口コミに対して返信を行うことで、顧客とのコミュニケーションを大切にしている印象を与えることができ、新規来店や再来店につながります。


自社ウェブサイトのSEO対策をする


SEOとは検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、ウェブサイトの成果を向上させる施策のことです。自社サイトを検索エンジンで上位表示させるために行います。


掲載順位が高いほどアクセス流入数が増え、宣伝や購買といった成果につながります。


Googleビジネスプロフィールの表示順位は、紐づけられたウェブサイトの掲載順位にも影響します。MEO対策を行うと同時に、SEO対策も行うと、より良い効果が期待できるでしょう。


SEOについて詳しくは「SEOとは?今日からできる対策と基本となる考え方」をご覧ください。

MEOとSEO、どちらから行う?


MEOと同時にSEO対策も重要であるとはいっても、どちらか片方から徐々に始めたいと考えている方もいるのではないでしょうか。本章では、どちらから始めるのが良いのか、解説します。



MEOから始めるのがおすすめの場合


実店舗を運営しているのであれば、MEOから始めることをおすすめします。


MEOは特定のターゲット地域における検索結果を対象にしたマーケティング手法です。ユーザーは検索時に今いる場所の周辺で「~したい」というニーズが多いと考えられるため、特定の地域に依存しているビジネスであれば、MEOから始めるのが効率的です。


また、来店するユーザーのスマホ利用率が高い場合や、緊急性の高いキーワードでの集客効果が高いビジネスでおすすめです。


具体的な業種としては、レストランやクリニック、病院、美容院などが挙げられます。



SEOから始めるのがおすすめの場合


オンラインビジネスなどの広域なターゲットを持つ場合はSEOから始めるのがおすすめです。SEOは場所や距離に関係なく、幅広いユーザーにアピールできます。また、上位表示によるブランディング効果も期待できます。


そのため、BtoBのような、購入までの比較検討期間の長かったり、高額だったりする商品やサービスを扱う場合に効果的です。


BtoBマーケティングについては、「BtoBマーケティングとは|基本や戦略立案、成功事例を解説」をご覧ください。

まとめ

まとめ

MEOは店舗運営に必須のマーケティング


MEOは地域に根ざした飲食店や個人事業主にとって、効果的なマーケティング手法です。


MEOは簡単に低コストで始められ、中小店舗でも上位表示できる可能性が高い施策です。また、Googleマップなどの地図で検索するユーザーには、今「~したい」というニーズがある場合が多いため、集客につながりやすい施策でもあります。


MEOを行う際には、成功のためのいくつかのポイントを抑えることで、効果を高めることが期待できます。忙しい方やデジタルマーケティングに不慣れな方、中々結果が出ない場合には、専門家に依頼するのも1つの手です。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティングの会社です。

自社コンテンツを中心に、課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、オウンドメディア支援、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで、

効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

よくある質問

よくある質問

SEOとMEOの違いはなんですか?

SEOは、一般的な検索エンジン(Googleなど)での検索結果画面で上位に表示されることを目指しますが、MEOは地図エンジンでの検索結果画面で上位に表示されることを目指します。


詳しくは「MEOとSEOの違い」の章をご覧ください。

MEOのメリットはなんですか?

簡単に低コストで始められること、中小店舗でも上位表示できる可能性が高いこと、顧客とつながりやすいことなどが挙げられます。


詳しくは「MEOを行うメリット」の章をご覧ください。

MEOとは?


MEOとは、「Map Engine Optimization」の略称で、マップ検索エンジン最適化のことです。「ローカルSEO」、「ローカル検索」と言われることもあります。


Googleマップの検索結果で上位表示をさせ、露出数を増やす施策です。検索結果で上位表示されることで、自身が提供するビジネスの認知を拡大し、来店促進に繋げることを目的に実施されます。


お店を探す検索や地域名を含む検索を行うと、下記のように検索結果の1番上に表示されます。そのため、視認性が高くユーザーの目に留まりやすいのが特徴です。


MEOとは



MEOとSEOの違い


MEOと似たマーケティング用語として、SEOがあります。MEOとSEOはどちらも上位表示を狙うものですが、意味や施策は異なります。


MEOとSEOの違い


SEOは、一般的な検索エンジン(Googleなど)での検索結果画面で上位に表示されることを目指しますが、MEOは地図エンジンでの検索結果画面で上位に表示されることを目指します。


SEOでの競合は、SEO対策をしている同業他社です。その数は大変多い上に、同業他社の中には大企業も含まれます。大企業の方が信頼性や権威性が高く、サイテーションが発生しやすいため上位になりやすいという特徴があります。サイテーションとは特定の固有情報がインターネット上で記載されている状況のことです。


一方、MEOは検索された地域内に存在する実店舗のみと表示順位を争います。そのため、SEOよりも競合が少なく、上位に表示される確率も高くなります。


効果が出るのはMEOの方が早い傾向にあります。MEOの編集内容の審査は最長10分ほどで承認されますが、SEOではURLのクロールに数日から数週間かかることがあります。そのため、MEOの方が入力した情報が検索結果に表示されるのが早く、その分効果が出るのも早いとされています。SEOの詳しい仕組みや対策方法などについては、「SEOとは?今日からできる対策と基本となる考え方」をご覧ください。

MEOを行うメリット


ここまで、MEOとはなにか、SEOと比較しながら解説しました。売上を伸ばすためにMEO対策を行う際に、どんなメリットが得られるのか気になる方もいらっしゃると思います。


そこで、本章では、MEO対策を行なうメリットについて解説します。



簡単に始められる


MEOを始めるうえで必要となるのは、「Googleビジネスプロフィール」です。Googleビジネスプロフィールとは、Googleが提供するツールで、マップや検索などのGoogleサービスにおいて表示される自社の情報を管理するものです。


画面に表示される指示に沿って情報を入力するのみで設定でき、簡単に始めることができます。また、設定後は写真や動画の投稿や、口コミの返信などができますが、どれもプログラミングなどの専門技術を必要としないため、簡単に運用できます。



低コストで始められる


MEOを始めるためにはGoogleビジネスプロフィールが必要です。このビジネスプロフィールはGoogleから無償で提供されているため、対策費用がかかりません。


簡単に始められるため、代理店などに依頼せずに、自社で運用するのがSEOよりも簡単です。自社で運用する場合、すべてを無償で行うことができます。


さらに、SEOと比べて効果が見られるのも比較的早いため、時間コストも少なくて済みます。



中小店舗でも上位表示できる可能性が高い 

 

MEOは、検索された地域内に存在する実店舗との間で表示順位を争います。そのため、競合がしぼられます。そのメリットとして、ターゲティングの精度の向上が挙げられます。ローカルエリアにおける顧客のニーズや嗜好をより正確に把握し、それに応じた戦略を立てることが可能です。


また、競合が同地域に限定されると、競合分析を効果的に行えます。競合店舗のレビューや評価、提供しているサービスや商品の種類、価格帯などを簡単に比較でき、自店舗の強みや改善点を明確に把握できます。


これらにより、中小店舗でも上位表示できる可能性が高まります。



顧客とつながりやすい


Googleマップなどの地図で検索するユーザーの多くは、今「~に行きたい」「~が食べたい」などのニーズを持っています。そのため、検索したユーザーは、サービスを受けることを決めている可能性が高く、来店確率も高くなります。


また、店舗までの経路を調べやすいという地図検索エンジンならではの特徴を活かし、場所が不明であるなどの理由による、ユーザーの離脱を防ぐことができます。また、写真や動画などで訴求しやすく、顧客と繋がりやすくなっています。

MEO掲載順位の決まり方 


MEO対策を実際に行う前に、掲載順位の決まり方を理解する必要があります。なぜなら、なるべく上位に表示されることで、より効果が期待できるからです。


上位に掲載されると、見てもらいやすくなるため、ユーザーの認知度が高まり、集客効果が期待できます。特に、ローカルパックと呼ばれる検索画面の最上位に表示される3つのビジネスリストに乗ると、非常に視認性が高くなります。


そのため、MEO対策の効果を得るために、掲載順位の決定方法を理解してから実際にMEO対策を行うことをおすすめします。



検索キーワードとの関連性


関連性とは、検索語句とビジネスプロフィールの内容の一致度で決まります。これは、ビジネスプロフィールを基に判断されます。


関連性の評価を上げるためには、ユーザーが検索すると想定されるキーワードに関連する情報をビジネスプロフィールに盛り込むことが必要です。そのために、キーワードの検索意図やシチュエーションを考えて、トピックを掘り下げたり、細分化したりして幅広く関連付けていくことをおすすめします。


例えば、「レストラン」というキーワードに対しては、「デート、子ども連れ」といった使い道、お客さんのタイプについてのキーワードや、「パスタ、ピザ」のようなメニューについてのキーワードのように細分化・関連づけを行います。



ユーザーとの距離


距離は、ユーザーが検索語句で指定した場所から店舗までの距離で決まります。検索語句で場所を指定していない場合は検索時現在地からの距離になります。


検索によっては、特に距離が優先されるものもあります。そのキーワードの例としては以下のようなものがあります。


  • 飲食店

  • 教育施設

  • 医療施設

  • 美容院やジムといった地域に密着する店舗・施設



店舗の知名度


店舗の知名度は、視認性とも言われます。ここでいう視認性とは、オンライン・オフライン問わずどれくらい知られているかということです。オフラインの知名度も評価されるため、Googleビジネスプロフィールの管理・運用だけではこの項目の評価はなかなか上がりづらいのが実情です。


オフラインの知名度としては、例えば、有名な博物館や有名ブランド名をもつ店舗、ランドマークとなるホテルなどが挙げられます。ウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)や口コミも加味されており、口コミが多く評価が高いと、掲載順位が高くなります。

MEOの始め方|具体的な手順


ここまで、MEOとSEOの違いや、MEOのメリットについて解説してきました。では、どのように始めればいいのか、具体的な手順について説明します。今回は、主にMEOが行われるGoogleマップで上位表示を目指すための手順を説明します。


MEOを始めるための手順は以下の通りです。


  1. Googleビジネスプロフィールの登録

  2. キーワードの選定

  3. 写真や動画の追加



1.Googleビジネスプロフィールの登録・認証

Googleビジネスプロフィールの作成画面にアクセスする


はじめに、Googleビジネスプロフィール登録サイトにアクセスし、「今すぐ管理」をクリックして、登録を開始します。


Googleビジネスプロフィール

ビジネス名と業種を入力する


画面の指示に従い、自分自身がオーナーもしくは管理しているビジネスの名前、業種を入力します。


ビジネスの名前は、実際にウェブサイトや看板などに掲載されているものと同じ企業名や店舗名を入力します。


ビジネス名と業種


これはGoogleのガイドラインで定められており、キャッチコピーなどはガイドライン違反とみなされる可能性が高いため、避けましょう。


参照:Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン


ビジネス名のガイドライン

実店舗情報を選択する


ここまで進むと、「店舗やオフィスなど、ユーザーが実際に訪れることができる場所を追加しますか?」という表示が出ます。


営業時間内に店舗スタッフが居るビジネスの場合は、「はい」を選択し、住所を入力します。営業時間に店舗スタッフが不在のビジネスの場合には、「いいえ」を選択します。


実店舗情報

ビジネスのサービス提供地域を入力する


ビジネスのサービス提供地域は、最大20か所まで設定できます。適切な見込み顧客にアプローチできるよう、広くしすぎないことをおすすめします。Google公式では、車で2時間以内の範囲に収めることをおすすめしています。


サービス提供地域

電話番号とウェブサイトのURLを入力する


電話番号はウェブサイトに記載しているものと同じ番号となるようにします。


連絡先登録

オーナー確認方法を選択する


オーナーでない他人にGoogleビジネスプロフィールの管理権限が渡らないようにするため、「オーナー確認」が必要です。主な確認方法ははがきですが、他の確認方法を選択することも可能です。


Googleビジネスプロフィールのステータスが「確認済み」になると、オーナー確認まで完了した、とわかります。


オーナー確認方法



2.キーワードの選定


キーワードは、自身のGoogleビジネスプロフィールが上位表示されるために重要な要素です。自社が上位表示されるよう、地域内の競合他社と差別化を図ることを意識しながら選定することをおすすめします。


よく検索されるキーワードを選定することも重要ですが、検索ボリュームが大きすぎると、上位表示になりにくいため、注意が必要です。



3.写真や動画の追加


写真や動画は、ユーザーに魅力を伝え、選択してもらうために重要です。ユーザーの関心を引き付けることができ、クリック率や来店率を上げることができます。


店舗の雰囲気や商品に加え、外観も登録すると、来店するユーザーにとって便利なものになります。


店舗の写真を選択

MEO対策で上位表示を狙うためのポイント


ここまで、MEOの始め方について解説してきました。本章では、実際に運用するにあたって、効果を出すためのポイントを解説します。



最新情報を提供する


Googleビジネスプロフィールの情報が充実していると、検索キーワードと一致する確率も高まります。最新情報を定期的に更新すると、Google側がユーザーにとって有益なコンテンツだと判断し、上位表示されやすくなるのです。


また、最新情報であることは、ユーザーにとっても重要です。営業時間や電話番号などに誤りがあれば、来店機会を逃すだけでなく、ユーザーに不満を抱かせる可能性があります。最新情報の掲載には、投稿機能を使用することもおすすめです。


提供する情報としては、営業時間や電話番号、住所の他に、メニューや店舗の様子、自社のウェブサイトなどがあるとよいでしょう。



口コミを集める


寄せられた口コミの点数や数は、Googleビジネスプロフィールの評価に繋がり、表示順位にも影響を与えます。また、ユーザーは口コミの点数や数を判断材料として、店舗を選択することも多く、店舗の信頼性にもつながります。口コミを集める際には、顧客に対して口コミを依頼することで数を増やすことも1つの手段です。


また、寄せられた口コミに対して返信を行うことで、顧客とのコミュニケーションを大切にしている印象を与えることができ、新規来店や再来店につながります。


自社ウェブサイトのSEO対策をする


SEOとは検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、ウェブサイトの成果を向上させる施策のことです。自社サイトを検索エンジンで上位表示させるために行います。


掲載順位が高いほどアクセス流入数が増え、宣伝や購買といった成果につながります。


Googleビジネスプロフィールの表示順位は、紐づけられたウェブサイトの掲載順位にも影響します。MEO対策を行うと同時に、SEO対策も行うと、より良い効果が期待できるでしょう。


SEOについて詳しくは「SEOとは?今日からできる対策と基本となる考え方」をご覧ください。

MEOとSEO、どちらから行う?


MEOと同時にSEO対策も重要であるとはいっても、どちらか片方から徐々に始めたいと考えている方もいるのではないでしょうか。本章では、どちらから始めるのが良いのか、解説します。



MEOから始めるのがおすすめの場合


実店舗を運営しているのであれば、MEOから始めることをおすすめします。


MEOは特定のターゲット地域における検索結果を対象にしたマーケティング手法です。ユーザーは検索時に今いる場所の周辺で「~したい」というニーズが多いと考えられるため、特定の地域に依存しているビジネスであれば、MEOから始めるのが効率的です。


また、来店するユーザーのスマホ利用率が高い場合や、緊急性の高いキーワードでの集客効果が高いビジネスでおすすめです。


具体的な業種としては、レストランやクリニック、病院、美容院などが挙げられます。



SEOから始めるのがおすすめの場合


オンラインビジネスなどの広域なターゲットを持つ場合はSEOから始めるのがおすすめです。SEOは場所や距離に関係なく、幅広いユーザーにアピールできます。また、上位表示によるブランディング効果も期待できます。


そのため、BtoBのような、購入までの比較検討期間の長かったり、高額だったりする商品やサービスを扱う場合に効果的です。


BtoBマーケティングについては、「BtoBマーケティングとは|基本や戦略立案、成功事例を解説」をご覧ください。

まとめ

まとめ

MEOは店舗運営に必須のマーケティング


MEOは地域に根ざした飲食店や個人事業主にとって、効果的なマーケティング手法です。


MEOは簡単に低コストで始められ、中小店舗でも上位表示できる可能性が高い施策です。また、Googleマップなどの地図で検索するユーザーには、今「~したい」というニーズがある場合が多いため、集客につながりやすい施策でもあります。


MEOを行う際には、成功のためのいくつかのポイントを抑えることで、効果を高めることが期待できます。忙しい方やデジタルマーケティングに不慣れな方、中々結果が出ない場合には、専門家に依頼するのも1つの手です。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。

課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

よくある質問

よくある質問

SEOとMEOの違いはなんですか?

SEOは、一般的な検索エンジン(Googleなど)での検索結果画面で上位に表示されることを目指しますが、MEOは地図エンジンでの検索結果画面で上位に表示されることを目指します。


詳しくは「MEOとSEOの違い」の章をご覧ください。

MEOのメリットはなんですか?

簡単に低コストで始められること、中小店舗でも上位表示できる可能性が高いこと、顧客とつながりやすいことなどが挙げられます。


詳しくは「MEOを行うメリット」の章をご覧ください。

MEOとは?


MEOとは、「Map Engine Optimization」の略称で、マップ検索エンジン最適化のことです。「ローカルSEO」、「ローカル検索」と言われることもあります。


Googleマップの検索結果で上位表示をさせ、露出数を増やす施策です。検索結果で上位表示されることで、自身が提供するビジネスの認知を拡大し、来店促進に繋げることを目的に実施されます。


お店を探す検索や地域名を含む検索を行うと、下記のように検索結果の1番上に表示されます。そのため、視認性が高くユーザーの目に留まりやすいのが特徴です。


MEOとは



MEOとSEOの違い


MEOと似たマーケティング用語として、SEOがあります。MEOとSEOはどちらも上位表示を狙うものですが、意味や施策は異なります。


MEOとSEOの違い


SEOは、一般的な検索エンジン(Googleなど)での検索結果画面で上位に表示されることを目指しますが、MEOは地図エンジンでの検索結果画面で上位に表示されることを目指します。


SEOでの競合は、SEO対策をしている同業他社です。その数は大変多い上に、同業他社の中には大企業も含まれます。大企業の方が信頼性や権威性が高く、サイテーションが発生しやすいため上位になりやすいという特徴があります。サイテーションとは特定の固有情報がインターネット上で記載されている状況のことです。


一方、MEOは検索された地域内に存在する実店舗のみと表示順位を争います。そのため、SEOよりも競合が少なく、上位に表示される確率も高くなります。


効果が出るのはMEOの方が早い傾向にあります。MEOの編集内容の審査は最長10分ほどで承認されますが、SEOではURLのクロールに数日から数週間かかることがあります。そのため、MEOの方が入力した情報が検索結果に表示されるのが早く、その分効果が出るのも早いとされています。SEOの詳しい仕組みや対策方法などについては、「SEOとは?今日からできる対策と基本となる考え方」をご覧ください。

MEOを行うメリット


ここまで、MEOとはなにか、SEOと比較しながら解説しました。売上を伸ばすためにMEO対策を行う際に、どんなメリットが得られるのか気になる方もいらっしゃると思います。


そこで、本章では、MEO対策を行なうメリットについて解説します。



簡単に始められる


MEOを始めるうえで必要となるのは、「Googleビジネスプロフィール」です。Googleビジネスプロフィールとは、Googleが提供するツールで、マップや検索などのGoogleサービスにおいて表示される自社の情報を管理するものです。


画面に表示される指示に沿って情報を入力するのみで設定でき、簡単に始めることができます。また、設定後は写真や動画の投稿や、口コミの返信などができますが、どれもプログラミングなどの専門技術を必要としないため、簡単に運用できます。



低コストで始められる


MEOを始めるためにはGoogleビジネスプロフィールが必要です。このビジネスプロフィールはGoogleから無償で提供されているため、対策費用がかかりません。


簡単に始められるため、代理店などに依頼せずに、自社で運用するのがSEOよりも簡単です。自社で運用する場合、すべてを無償で行うことができます。


さらに、SEOと比べて効果が見られるのも比較的早いため、時間コストも少なくて済みます。



中小店舗でも上位表示できる可能性が高い 

 

MEOは、検索された地域内に存在する実店舗との間で表示順位を争います。そのため、競合がしぼられます。そのメリットとして、ターゲティングの精度の向上が挙げられます。ローカルエリアにおける顧客のニーズや嗜好をより正確に把握し、それに応じた戦略を立てることが可能です。


また、競合が同地域に限定されると、競合分析を効果的に行えます。競合店舗のレビューや評価、提供しているサービスや商品の種類、価格帯などを簡単に比較でき、自店舗の強みや改善点を明確に把握できます。


これらにより、中小店舗でも上位表示できる可能性が高まります。



顧客とつながりやすい


Googleマップなどの地図で検索するユーザーの多くは、今「~に行きたい」「~が食べたい」などのニーズを持っています。そのため、検索したユーザーは、サービスを受けることを決めている可能性が高く、来店確率も高くなります。


また、店舗までの経路を調べやすいという地図検索エンジンならではの特徴を活かし、場所が不明であるなどの理由による、ユーザーの離脱を防ぐことができます。また、写真や動画などで訴求しやすく、顧客と繋がりやすくなっています。

MEO掲載順位の決まり方 


MEO対策を実際に行う前に、掲載順位の決まり方を理解する必要があります。なぜなら、なるべく上位に表示されることで、より効果が期待できるからです。


上位に掲載されると、見てもらいやすくなるため、ユーザーの認知度が高まり、集客効果が期待できます。特に、ローカルパックと呼ばれる検索画面の最上位に表示される3つのビジネスリストに乗ると、非常に視認性が高くなります。


そのため、MEO対策の効果を得るために、掲載順位の決定方法を理解してから実際にMEO対策を行うことをおすすめします。



検索キーワードとの関連性


関連性とは、検索語句とビジネスプロフィールの内容の一致度で決まります。これは、ビジネスプロフィールを基に判断されます。


関連性の評価を上げるためには、ユーザーが検索すると想定されるキーワードに関連する情報をビジネスプロフィールに盛り込むことが必要です。そのために、キーワードの検索意図やシチュエーションを考えて、トピックを掘り下げたり、細分化したりして幅広く関連付けていくことをおすすめします。


例えば、「レストラン」というキーワードに対しては、「デート、子ども連れ」といった使い道、お客さんのタイプについてのキーワードや、「パスタ、ピザ」のようなメニューについてのキーワードのように細分化・関連づけを行います。



ユーザーとの距離


距離は、ユーザーが検索語句で指定した場所から店舗までの距離で決まります。検索語句で場所を指定していない場合は検索時現在地からの距離になります。


検索によっては、特に距離が優先されるものもあります。そのキーワードの例としては以下のようなものがあります。


  • 飲食店

  • 教育施設

  • 医療施設

  • 美容院やジムといった地域に密着する店舗・施設



店舗の知名度


店舗の知名度は、視認性とも言われます。ここでいう視認性とは、オンライン・オフライン問わずどれくらい知られているかということです。オフラインの知名度も評価されるため、Googleビジネスプロフィールの管理・運用だけではこの項目の評価はなかなか上がりづらいのが実情です。


オフラインの知名度としては、例えば、有名な博物館や有名ブランド名をもつ店舗、ランドマークとなるホテルなどが挙げられます。ウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)や口コミも加味されており、口コミが多く評価が高いと、掲載順位が高くなります。

MEOの始め方|具体的な手順


ここまで、MEOとSEOの違いや、MEOのメリットについて解説してきました。では、どのように始めればいいのか、具体的な手順について説明します。今回は、主にMEOが行われるGoogleマップで上位表示を目指すための手順を説明します。


MEOを始めるための手順は以下の通りです。


  1. Googleビジネスプロフィールの登録

  2. キーワードの選定

  3. 写真や動画の追加



1.Googleビジネスプロフィールの登録・認証

Googleビジネスプロフィールの作成画面にアクセスする


はじめに、Googleビジネスプロフィール登録サイトにアクセスし、「今すぐ管理」をクリックして、登録を開始します。


Googleビジネスプロフィール

ビジネス名と業種を入力する


画面の指示に従い、自分自身がオーナーもしくは管理しているビジネスの名前、業種を入力します。


ビジネスの名前は、実際にウェブサイトや看板などに掲載されているものと同じ企業名や店舗名を入力します。


ビジネス名と業種


これはGoogleのガイドラインで定められており、キャッチコピーなどはガイドライン違反とみなされる可能性が高いため、避けましょう。


参照:Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン


ビジネス名のガイドライン

実店舗情報を選択する


ここまで進むと、「店舗やオフィスなど、ユーザーが実際に訪れることができる場所を追加しますか?」という表示が出ます。


営業時間内に店舗スタッフが居るビジネスの場合は、「はい」を選択し、住所を入力します。営業時間に店舗スタッフが不在のビジネスの場合には、「いいえ」を選択します。


実店舗情報

ビジネスのサービス提供地域を入力する


ビジネスのサービス提供地域は、最大20か所まで設定できます。適切な見込み顧客にアプローチできるよう、広くしすぎないことをおすすめします。Google公式では、車で2時間以内の範囲に収めることをおすすめしています。


サービス提供地域

電話番号とウェブサイトのURLを入力する


電話番号はウェブサイトに記載しているものと同じ番号となるようにします。


連絡先登録

オーナー確認方法を選択する


オーナーでない他人にGoogleビジネスプロフィールの管理権限が渡らないようにするため、「オーナー確認」が必要です。主な確認方法ははがきですが、他の確認方法を選択することも可能です。


Googleビジネスプロフィールのステータスが「確認済み」になると、オーナー確認まで完了した、とわかります。


オーナー確認方法



2.キーワードの選定


キーワードは、自身のGoogleビジネスプロフィールが上位表示されるために重要な要素です。自社が上位表示されるよう、地域内の競合他社と差別化を図ることを意識しながら選定することをおすすめします。


よく検索されるキーワードを選定することも重要ですが、検索ボリュームが大きすぎると、上位表示になりにくいため、注意が必要です。



3.写真や動画の追加


写真や動画は、ユーザーに魅力を伝え、選択してもらうために重要です。ユーザーの関心を引き付けることができ、クリック率や来店率を上げることができます。


店舗の雰囲気や商品に加え、外観も登録すると、来店するユーザーにとって便利なものになります。


店舗の写真を選択

MEO対策で上位表示を狙うためのポイント


ここまで、MEOの始め方について解説してきました。本章では、実際に運用するにあたって、効果を出すためのポイントを解説します。



最新情報を提供する


Googleビジネスプロフィールの情報が充実していると、検索キーワードと一致する確率も高まります。最新情報を定期的に更新すると、Google側がユーザーにとって有益なコンテンツだと判断し、上位表示されやすくなるのです。


また、最新情報であることは、ユーザーにとっても重要です。営業時間や電話番号などに誤りがあれば、来店機会を逃すだけでなく、ユーザーに不満を抱かせる可能性があります。最新情報の掲載には、投稿機能を使用することもおすすめです。


提供する情報としては、営業時間や電話番号、住所の他に、メニューや店舗の様子、自社のウェブサイトなどがあるとよいでしょう。



口コミを集める


寄せられた口コミの点数や数は、Googleビジネスプロフィールの評価に繋がり、表示順位にも影響を与えます。また、ユーザーは口コミの点数や数を判断材料として、店舗を選択することも多く、店舗の信頼性にもつながります。口コミを集める際には、顧客に対して口コミを依頼することで数を増やすことも1つの手段です。


また、寄せられた口コミに対して返信を行うことで、顧客とのコミュニケーションを大切にしている印象を与えることができ、新規来店や再来店につながります。


自社ウェブサイトのSEO対策をする


SEOとは検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、ウェブサイトの成果を向上させる施策のことです。自社サイトを検索エンジンで上位表示させるために行います。


掲載順位が高いほどアクセス流入数が増え、宣伝や購買といった成果につながります。


Googleビジネスプロフィールの表示順位は、紐づけられたウェブサイトの掲載順位にも影響します。MEO対策を行うと同時に、SEO対策も行うと、より良い効果が期待できるでしょう。


SEOについて詳しくは「SEOとは?今日からできる対策と基本となる考え方」をご覧ください。

MEOとSEO、どちらから行う?


MEOと同時にSEO対策も重要であるとはいっても、どちらか片方から徐々に始めたいと考えている方もいるのではないでしょうか。本章では、どちらから始めるのが良いのか、解説します。



MEOから始めるのがおすすめの場合


実店舗を運営しているのであれば、MEOから始めることをおすすめします。


MEOは特定のターゲット地域における検索結果を対象にしたマーケティング手法です。ユーザーは検索時に今いる場所の周辺で「~したい」というニーズが多いと考えられるため、特定の地域に依存しているビジネスであれば、MEOから始めるのが効率的です。


また、来店するユーザーのスマホ利用率が高い場合や、緊急性の高いキーワードでの集客効果が高いビジネスでおすすめです。


具体的な業種としては、レストランやクリニック、病院、美容院などが挙げられます。



SEOから始めるのがおすすめの場合


オンラインビジネスなどの広域なターゲットを持つ場合はSEOから始めるのがおすすめです。SEOは場所や距離に関係なく、幅広いユーザーにアピールできます。また、上位表示によるブランディング効果も期待できます。


そのため、BtoBのような、購入までの比較検討期間の長かったり、高額だったりする商品やサービスを扱う場合に効果的です。


BtoBマーケティングについては、「BtoBマーケティングとは|基本や戦略立案、成功事例を解説」をご覧ください。

まとめ

まとめ

MEOは店舗運営に必須のマーケティング


MEOは地域に根ざした飲食店や個人事業主にとって、効果的なマーケティング手法です。


MEOは簡単に低コストで始められ、中小店舗でも上位表示できる可能性が高い施策です。また、Googleマップなどの地図で検索するユーザーには、今「~したい」というニーズがある場合が多いため、集客につながりやすい施策でもあります。


MEOを行う際には、成功のためのいくつかのポイントを抑えることで、効果を高めることが期待できます。忙しい方やデジタルマーケティングに不慣れな方、中々結果が出ない場合には、専門家に依頼するのも1つの手です。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。
課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

よくある質問

よくある質問

SEOとMEOの違いはなんですか?

SEOは、一般的な検索エンジン(Googleなど)での検索結果画面で上位に表示されることを目指しますが、MEOは地図エンジンでの検索結果画面で上位に表示されることを目指します。


詳しくは「MEOとSEOの違い」の章をご覧ください。

MEOのメリットはなんですか?

簡単に低コストで始められること、中小店舗でも上位表示できる可能性が高いこと、顧客とつながりやすいことなどが挙げられます。


詳しくは「MEOを行うメリット」の章をご覧ください。

合わせ読みたい

合わせ読みたい

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Cozies編集部

株式会社Coziesの編集部です。デジタルマーケティングの情報をはじめ、皆さんに有意義な情報をお届けします。

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Cozies編集部

株式会社Coziesの編集部です。デジタルマーケティングの情報をはじめ、皆さんに有意義な情報をお届けします。

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Cozies編集部

株式会社Coziesの編集部です。デジタルマーケティングの情報をはじめ、皆さんに有意義な情報をお届けします。

デジタルマーケティングのご相談はこちら

インターネット広告・SEO・Google Analytics4の設定、ユーザーコミュニケーションやプロモーションの課題など、

デジタルマーケティングでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

Contact to us. - Contact to us. - Contact to us. - Contact to us. - Contact to us.

Contact

デジタルマーケティングのご相談はこちら

インターネット広告・SEO・Google Analytics4の設定、ユーザーコミュニケーションやプロモーションの課題など、

デジタルマーケティングでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

Contact to us. - Contact to us. - Contact to us. - Contact to us. - Contact to us.

Contact

デジタルマーケティングのご相談はこちら

インターネット広告・SEO・Google Analytics4の設定、ユーザーコミュニケーションやプロモーションの課題など、

デジタルマーケティングでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

Contact to us. - Contact to us. - Contact to us. - Contact to us. - Contact to us.

Contact