LINEビジネスアカウントとは|アカウント作成から運用まで解説

2024/02/23

Image

2024/02/23

LINE_ビジネス

LINEビジネスアカウントとは|アカウント作成から運用まで解説

2024/02/23

Image

2024/02/23

LINE_ビジネス

LINEビジネスアカウントとは|アカウント作成から運用まで解説

2024/02/23

Image

2024/02/23

LINE_ビジネス
  • LINEビジネスアカウントとは何か

  • LINEビジネスアカウントの作成方法

  • 集客を成功させるための運用のコツ

この記事でわかること

飲食店やショッピングモールなどで、LINEの友だち登録を促すQRコードを見かけたことはないでしょうか。


LINEビジネスアカウントとは企業や店舗向けのアカウントです。個人が利用しているLINEとは異なり、例えばQRコードから友だち登録をした顧客に対してクーポンを配布したり、ドリンクやデザートの無料サービスを付与したりするなど、新規顧客の獲得やリピーター獲得といったマーケティング施策に役立てることができます。


LINEの月間アクティブユーザー数は9,600万人を誇り、さらに老若男女問わず利用されていることから、LINEを使った集客は今や多くの企業で実践されています。その反面、「これから自社でもLINEを活用したマーケティングに取り組みたい」と思いつつも、実際にどのようなことができるのか、どのように始めればよいのか、困っている方もいるのではないでしょうか。


本記事では、LINEビジネスアカウントの作成方法や、利用することでどのようにして集客へつなげられるかといった運用方法について、わかりやすく解説します。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティングの会社です。

自社コンテンツを中心に、課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、オウンドメディア支援、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで、

効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

  • LINEビジネスアカウントとは何か

  • LINEビジネスアカウントの作成方法

  • 集客を成功させるための運用のコツ

この記事でわかること

飲食店やショッピングモールなどで、LINEの友だち登録を促すQRコードを見かけたことはないでしょうか。


LINEビジネスアカウントとは企業や店舗向けのアカウントです。個人が利用しているLINEとは異なり、例えばQRコードから友だち登録をした顧客に対してクーポンを配布したり、ドリンクやデザートの無料サービスを付与したりするなど、新規顧客の獲得やリピーター獲得といったマーケティング施策に役立てることができます。


LINEの月間アクティブユーザー数は9,600万人を誇り、さらに老若男女問わず利用されていることから、LINEを使った集客は今や多くの企業で実践されています。その反面、「これから自社でもLINEを活用したマーケティングに取り組みたい」と思いつつも、実際にどのようなことができるのか、どのように始めればよいのか、困っている方もいるのではないでしょうか。


本記事では、LINEビジネスアカウントの作成方法や、利用することでどのようにして集客へつなげられるかといった運用方法について、わかりやすく解説します。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。

課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

  • LINEビジネスアカウントとは何か

  • LINEビジネスアカウントの作成方法

  • 集客を成功させるための運用のコツ

この記事でわかること

飲食店やショッピングモールなどで、LINEの友だち登録を促すQRコードを見かけたことはないでしょうか。


LINEビジネスアカウントとは企業や店舗向けのアカウントです。個人が利用しているLINEとは異なり、例えばQRコードから友だち登録をした顧客に対してクーポンを配布したり、ドリンクやデザートの無料サービスを付与したりするなど、新規顧客の獲得やリピーター獲得といったマーケティング施策に役立てることができます。


LINEの月間アクティブユーザー数は9,600万人を誇り、さらに老若男女問わず利用されていることから、LINEを使った集客は今や多くの企業で実践されています。その反面、「これから自社でもLINEを活用したマーケティングに取り組みたい」と思いつつも、実際にどのようなことができるのか、どのように始めればよいのか、困っている方もいるのではないでしょうか。


本記事では、LINEビジネスアカウントの作成方法や、利用することでどのようにして集客へつなげられるかといった運用方法について、わかりやすく解説します。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。
課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

目次

LINEビジネスアカウントとは

 LINEが活用できる場面

  【潜在客向け】認知獲得

  【見込み客向け】商品・サービスの利用・購入を促す

  【既得顧客・新規顧客向け】|リピーター獲得

 LINEビジネスの料金プラン


LINEビジネスでできること

 メッセージ配信機能

 自動応答チャット機能

 リッチメニューの設定

 ショップカードの作成

 LINE広告の運用


LINEビジネスアカウントをビジネスで活用するメリット

 幅広い層にアプローチすることができる

 顧客とのやり取りがしやすい

 さまざまな販促サービスを提供できる

 顧客情報を分析しやすい


LINEビジネスアカウントの開設手順

 1.LINEビジネスアカウントのページへアクセス

 2.LINEのビジネスIDを取得する

 3.入力内容の確認


【実践】LINEビジネスアカウントの運用ステップ

 基本情報を登録し、認証済みアカウントに申請する

 友だち数を増やしつつ、情報発信を行う

 運用結果を分析し、次の施策に活かす


LINEビジネスアカウント運用時の注意点

 ブロックされてしまうこともある

 友だちが少ないと効果が出にくい


まとめ|LINEはビジネスで活用できる


よくある質問


目次

LINEビジネスアカウントとは

 LINEが活用できる場面

  【潜在客向け】認知獲得

  【見込み客向け】商品・サービスの利用・購入を促す

  【既得顧客・新規顧客向け】|リピーター獲得

 LINEビジネスの料金プラン


LINEビジネスでできること

 メッセージ配信機能

 自動応答チャット機能

 リッチメニューの設定

 ショップカードの作成

 LINE広告の運用


LINEビジネスアカウントをビジネスで活用するメリット

 幅広い層にアプローチすることができる

 顧客とのやり取りがしやすい

 さまざまな販促サービスを提供できる

 顧客情報を分析しやすい


LINEビジネスアカウントの開設手順

 1.LINEビジネスアカウントのページへアクセス

 2.LINEのビジネスIDを取得する

 3.入力内容の確認


【実践】LINEビジネスアカウントの運用ステップ

 基本情報を登録し、認証済みアカウントに申請する

 友だち数を増やしつつ、情報発信を行う

 運用結果を分析し、次の施策に活かす


LINEビジネスアカウント運用時の注意点

 ブロックされてしまうこともある

 友だちが少ないと効果が出にくい


まとめ|LINEはビジネスで活用できる


よくある質問


目次

LINEビジネスアカウントとは

 LINEが活用できる場面

  【潜在客向け】認知獲得

  【見込み客向け】商品・サービスの利用・購入を促す

  【既得顧客・新規顧客向け】|リピーター獲得

 LINEビジネスの料金プラン


LINEビジネスでできること

 メッセージ配信機能

 自動応答チャット機能

 リッチメニューの設定

 ショップカードの作成

 LINE広告の運用


LINEビジネスアカウントをビジネスで活用するメリット

 幅広い層にアプローチすることができる

 顧客とのやり取りがしやすい

 さまざまな販促サービスを提供できる

 顧客情報を分析しやすい


LINEビジネスアカウントの開設手順

 1.LINEビジネスアカウントのページへアクセス

 2.LINEのビジネスIDを取得する

 3.入力内容の確認


【実践】LINEビジネスアカウントの運用ステップ

 基本情報を登録し、認証済みアカウントに申請する

 友だち数を増やしつつ、情報発信を行う

 運用結果を分析し、次の施策に活かす


LINEビジネスアカウント運用時の注意点

 ブロックされてしまうこともある

 友だちが少ないと効果が出にくい


まとめ|LINEはビジネスで活用できる


よくある質問


LINEビジネスアカウントとは


LINEビジネスアカウントとは、企業や店舗向けのLINEアカウントです。正式名称は「LINEビジネスアカウント」で、個人用のアカウントとは使用する方法や目的が異なります。


個人アカウントでは、1対1のコミュニケーションや、グループトーク内でのやりとりを行うことを目的としています。対してLINEビジネスアカウントは企業対顧客のやりとりを目的としています。友だち追加してくれた複数の顧客に対し、1アカウントから一斉に同じメッセージを配信できます。



LINEが活用されている場面


ビジネスにおいて、LINEビジネスアカウントが活用されている場面とは、具体的にどのようなケースなのでしょうか。ターゲットや目的別に紹介します。

【潜在客向け】認知獲得


LINEビジネスアカウントの運用で自社商品・サービスをアピールすることで、潜在客へ向けた認知獲得を図ることができます。


例えば、自社サービスのLINEプロモーションスタンプを活用し、友だち追加してくれたユーザーに対して無料でスタンプを配布するとします。これまで自社サービスについて知らない層でも、スタンプのダウンロードをきっかけに認知してもらうなど、新規顧客や潜在層の発掘に役立てることができるのです。

【見込み客向け】商品・サービスの利用・購入を促す


LINEビジネスアカウントの機能のひとつ「ステップ配信」は、予め複数のメッセージを準備しておき、時間をあけて順に情報を配信することができるため、見込み客にむけたアプローチに効果的です。


例えば、友だち追加後には挨拶メッセージを送信し、その数日後には商品の紹介、さらに数日後にクーポンを送付するなど、見込み顧客に対して購入やサービスの利用を促すことができます。

【既得顧客・新規顧客向け】|リピーター獲得


既得顧客に対しては、ショップカードの利用が有効です。


ショップカードとは、スマホで使えるポイントカードのようなものです。店舗にQRコードを設置し、もともと公式アカウントの友だち追加をしている既得顧客が読み取ることでポイントが加算されます。


例えば、ポイントが100ポイント溜まると1,000円引き、500ポイントで5,000円引きなどのクーポンを配布するとします。ポイントカードがあることで「◯◯円引きまでもう少しだから、また近々来店しよう」という心理を呼び、リピーター獲得も期待できるでしょう。


ちなみに各種クーポンは、企業や店舗によって独自で作成でき、メッセージやLINE VOOMを通じてユーザーへ送付できます。そのため、友だち追加をしてくれた際にお得なクーポンを送付することで、2回目の来店や商品の購入へつなげる施策として活用されています。



LINEビジネスの料金プラン


LINEビジネスの料金プランは以下のようになります。アカウント開設にはお金がかからず、月間200通までは無料から始めることもできるため、気軽に試すことができるでしょう。


LINEビジネスの料金プラン


※メッセージ数は、送付人数×メッセージ通数にてカウントされます。1通あたり3吹き出しまで送付できます。追加メッセージの単価は、配信する数によって変動します。


※2024年3月時点の情報です。最新の情報は公式ホームページをご覧ください。

LINEビジネスでできること


LINEビジネスでは、集客に必要な機能が一通り揃っています。LINEビジネスアカウントを利用することで、どのような機能を活用して集客につなげられるのでしょうか。



メッセージ配信機能


LINEビジネスアカウントには、友だち登録をしてくれた全ての友だちに対して一斉配信する「メッセージ配信機能」があります。キャンペーンや新商品の発売時など、一斉に大多数の顧客へ広告やクーポンをワンアクションだけで簡単に配信できます。


また、属性で絞り込みをかけてグループ分けることでセグメント配信をすることも可能です。例えばセグメント配信では、年齢や性別などの属性だけでなく、友だち登録をしてから2週間経ったユーザーなど、さまざまなセグメント分けが可能です。その分類されたグループごとに、それぞれマッチした情報をピンポイントで配信できます。


属性については、以下の種別を組み合わせることで自社独自のフィルター設定ができます。


LINEビジネスのセグメント


セグメントによって最適な内容のメッセージをアプローチすることで、コンバージョン率の向上を期待できます。



自動応答チャット機能


あらかじめよくある質問を設定しておくことで、友だちから受け取った全てのメッセージに自動で応答する機能です。


応答タイプには「一律応答」と「キーワード応答」の2種類があります。


一律応答とは、友だちからのメッセージに対して一律にメッセージを送信することが可能です。一方キーワード応答は、友だちからのメッセージが事前に設定したキーワードと合致したときにメッセージを送信します。


例えばキーワード応答では、友だちから「こんにちは!」と送信された場合、「メッセージありがとうございます。恐れ入りますがこちらから個別の返信はできません。おすすめの商品を知りたい場合は『おすすめ』と言ってみてください。」といった応答が可能です。


ちなみに、手動のチャットと自動応答チャットは同時に使用できません。どちらか片方の状態での対応か、都度切り替えの必要があるので注意しましょう。



リッチメニューの設定


リッチメニューとは、トーク画面の下部に固定で表示することができるメニューです。


リッチメニュー例


引用:LINEヤフー for Business「自治体活用の理想形!進化を続ける熊本市のLINEビジネスアカウント


上記画像は熊本市が活用しているリッチメニューです。熊本市は2018年3月にLINEビジネスアカウントを開設していて、メニューからは防災情報やごみの出し方など、地域ならではの情報をすぐに確認できる要素を盛り込んでいます。


トーク画面上に大きく表示されるためユーザーの興味を惹きやすいほか、LINE外部のウェブサイトへ誘導することも可能で、コンバージョンへつなげやすい特長があります。



ショップカードの作成


ショップカードとは、デジタルのポイントカードを発行・管理できる機能です。ユーザーがポイントカードを持ち歩く必要がなく、手軽に利用できる点がメリットです。


企業や店舗にとっては、ポイントカード作成の手間とコストを抑えられることも利点と言えるでしょう。



LINE広告の運用


LINE広告とは、月間アクティブユーザー数9,600万人のLINEユーザーに対して広告配信が可能な「運用型広告」です。広告配信を開始して効果が得られなかった場合は、調整することで効果を向上させる広告へと変更できます。


トークリストなど、さまざまな場所に広告の露出が可能なので、ユーザーの属性や行動をもとにしてターゲティングし、ピンポイントな広告をアプローチできます。

LINEビジネスアカウントをビジネスで活用するメリット


ここまでLINEビジネスアカウントでは、どのような機能を利用できるのかを見てきました。それでは、ビジネスでLINEビジネスアカウントを活用することで、どんなメリットを享受できるのでしょうか。



幅広い層にアプローチすることができる


LINEを活用しているユーザーは、老若男女問わず、また性別や年代にも偏りがあまりないことから、幅広い層へアプローチできることが大きなメリットです。


その上、LINEのアクティブユーザーは2023年6月時点において、国内で9,600万人と圧倒的なユーザー数を誇っています。また、他のSNSプラットフォームと比べ、ユーザー層が幅広いのも特徴です。総務省の調査によると、SNSのうちLINEを利用している人はどの世代でも90%を越えており、老若男女問わず親しまれているのがわかります。


SNS利用率(総務省)


引用:総務省「令和4年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書



顧客とのやり取りがしやすい


LINEビジネスアカウントでは、一斉送信だけではなくユーザーと1対1でチャットができます。メールマガジンを通じた形式的なやり取りと比べ、LINEでは手軽にメッセージのやり取りができる点もメリットと言えるでしょう。


また、ユーザーからの質問に対して、チャット形式ですぐに疑問点を解消することで、機会損失を防ぐこともできます。ユーザーにとっても普段使い慣れているSNSだからこそ、逐一コミュニケーションを続けることで信頼関係を構築しやすくなる利点もあります。



さまざまな販促サービスを提供できる


集客や販促に役立つ、さまざまな機能を利用できます。


ポイントカードの発行管理ができる「ショップカード機能」では、プラスチックなどで作成していたカードのコスト、また制作による工数・管理工数を削減できます。


クーポンにおいても作成する手間やコストが抑えられ、LINEのメッセージでクーポンを配れるため、再来店を促す販促ができます。


その上、トークルーム内でアンケートや投票を行うことができ、ユーザーからの意見や要望を収集できます。店舗でのアンケート用紙よりも手軽なため、ユーザーの傾向や趣向の分析もできるでしょう。



顧客情報を分析しやすい


メールマガジンには、開封率が向上しないだけでなく、スパムメールなどの影響からメール自体がユーザーへ届かない、といった懸念もあります。


LINEのメッセージではこのようなことがなく、開封率だけでなくクリック率による効果を測定できます。


分析結果から、顧客への次のアクション方法を練ることが可能です。

LINEビジネスアカウントの開設手順


ここまで、LINEビジネスアカウントをビジネスで使用するメリットについて見てきました。それでは、LINEビジネスアカウントを契約し、実際に作成するにはどのようにすればよいのでしょうか。本章では、アカウントの開設手順について紹介します。



1.LINEビジネスアカウントのページへアクセス


LINEビジネスアカウントの公式HPへアクセス


LINEビジネスアカウントの公式ホームページへアクセスし「LINEビジネスアカウントをはじめる」または画面右上の「アカウント開設」ボタンをクリックします。



2.LINEのビジネスIDを取得する


ビジネスIDの取得


アカウント開設ボタンを押すと、上の画面へ遷移するので「LINEアカウントで登録」または「メールアドレスで登録」を選択します。


自分の個人LINEのアカウントと、LINE Business IDを紐づけたくないのであれば、「メールアドレスで登録」すると良いでしょう。


「メールアドレスで登録」を選択し、メールアドレスを入力して「登録用のリンクを送信」をクリックします。


LINEビジネスIDより送信されたメールに記載の「登録画面に進む」をクリックします。


「名前」「パスワード」を入力し、認証ボックスにチェックを入れ、「登録」をクリックし「サービスに移動」を押します。


ID登録画面


続いて、「ログイン情報」「アカウント情報」「業種」「運用目的」「主な使い方」など、必要項目を入力して「確認」をクリックします。


情報入力画面


入力内容を確認し、「確認」をクリックすればLINEのビジネスIDの取得およびLINEビジネスアカウントの作成が完了です。



3.入力内容の確認


「アカウント認証をリクエストする」または「あとで認証を行う」を選択します。


認証済みアカウントになると、検索結果に表示されるなどいくつかのメリットが得られます。ただ、この手続きは任意のため、必ず行う必要はありません。必要に応じて手続きを行いましょう。


今回は「あとで認証を行う」を選択しました。


管理画面


管理画面の「LINE Official Account Manager」にログインできたら、アカウントの開設完了です。

【実践】LINEビジネスアカウントの運用ステップ


LINEビジネスアカウントの作成方法を見てきました。それではアカウント開設後、具体的な運用ステップについて紹介します。



基本情報を登録し、認証済みアカウントに申請する


まず、アカウント名やプロフィールなどの基本情報を登録します。


基本情報を登録


すべての設定が完了した後、このプロフィール設定画面の右下「公開」ボタンを押すと公開されます。


基本情報を登録したら、各種メッセージの設定を行います。


例えば、友だち追加時の「あいさつメッセージ」や、話しかけられた際の応答メッセージなどです。また、LINEビジネスアカウントには、「認証済アカウント」と「未認証アカウント」の2種類があります。


認証済みアカウントになると、各種機能が開放されるため、企業や店舗でLINEビジネスアカウントを開設するのであれば、認証済みアカウントでの運用がおすすめです。


さらに、認証済みアカウントになると以下のようなメリットがあります。


  • 検索に表示されるようになる

  • LINEキャラクター入りの販促用ポスターがダウンロード可能

  • 請求書決済が利用可能

  • 「友だち追加広告」が利用可能


友だち数を増やしつつ、情報発信を行う


LINEビジネスアカウントは、友だち追加してくれたユーザーに対してのみ発信できます。アカウント開設直後は、友だちの数が少ないため、なるべく早い段階で友だちを増やさなければなりません。


友だちを増やすための施策の一例として、店舗であれば、店内にLINEのQRコードを用意して「友だち登録により初回限定で20%OFFクーポンをプレゼント」などと記載する方法があります。


それにより友だちが増えたら、LINEビジネスアカウントの様々なメッセージ機能を利用して配信します。メッセージ機能には、「テキストメッセージ」「リッチメッセージ」「カードタイプメッセージ」があります。

メッセージ配信例


引用:LINEヤフー for Business「メッセージ配信の特長や種類、効果的なメッセージとは


例えば、お店のメニューの写真や価格が一目でわかるようなメッセージを配信することで、ユーザーにとって魅力的な広告を送ることもできます。



運用結果を分析し、次の施策に活かす


LINEビジネスアカウントには、データ分析機能があります。運用を始めてから、ある程度データが蓄積されたあと、分析することで改善点を洗い出し、次のアクションプランを模索することも可能です。


分析対象のターゲットを絞れる機能が充実しているため、ユーザーの属性ごとに分析できます。仮に、30代の男性が友だちに多いという分析結果が出た場合、柔らかい写真よりもダークでスタイリッシュな画像デザイン、男性向けのテキスト内容にするなどの対策が打てるでしょう。


それにより、ターゲットに刺さりやすいメッセージなどの情報発信が行えるようになります。

LINEビジネスアカウント運用時の注意点


LINEビジネスアカウントには、さまざまなメリットがありました。では、運用する際にはどのような点に留意しなければならないのでしょうか。



ブロックされてしまうこともある


LINEは、気軽に友だち追加をしやすい反面、広告やメッセージの配信数が多いことが気になったり、求めている情報が得られなかったりすると、ユーザーにブロックされることもあります。


ただ、ブロックされてもコストはメッセージ数に対して発生するため、なるべくブロックされないための手立てを考える必要があります。


例えば、配信頻度や通知オフのやり方、定期的にクーポンを送ることを初回に伝えると、ブロック率を下げることができるでしょう。 


また、セグメント配信により、そのユーザーにとって最適な情報をピンポイントで配信するようにすることもブロックされない施策の1つです。



友だちが少ないと効果が出にくい


LINEビジネスアカウントは、不特定多数の誰にでも配信が可能ではなく、友だち追加されたユーザーにのみメッセージを配信できます。よって、友だちが少ないとそれだけ配信数も少なくなり、思うような効果を得られないこともあります。


LINEビジネスアカウントの開設後は、まず友だちを増やす施策を考えて積極的にアプローチしていきましょう。

まとめ

まとめ

LINEはビジネスで活用できる


LINEは、個人間の利用だけでなく、ビジネスでも活用できます。


LINEビジネスアカウントを開設すると、さまざまな機能を使用して効果的に顧客へ自社商品をアピールできます。


顧客の年齢や性別、友だちとなった期間などの属性ごとに、異なる方法でアピールすることによって、より高い配信の効果を見込めるようになります。


LINEビジネスアカウントの開設は無料なので、まず実践してみてはいかがでしょうか。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティングの会社です。

自社コンテンツを中心に、課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、オウンドメディア支援、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで、

効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

よくある質問

よくある質問

LINEビジネスアカウントと普通のアカウントの違いは何ですか?

個人で利用するLINEは、一般的に家族や友人などとプライベートのコミュニケーションに使用されます。


一方、LINEビジネスアカウントは、企業や店舗が見込み顧客や既得顧客へ広告やメッセージを配信することで、自社商品の購入やサービスの契約へつなげるためのものです。ステップ配信や自動応答チャット機能、ショップカードやリッチメッセージ・カードタイプメッセージなど、商品やサービスの魅力を伝えやすい機能が多く搭載されています。

LINEビジネスアカウントは誰でも作れますか?

LINEビジネスアカウントは、法人から個人事業主まで作成が可能です。よって、個人で経営している飲食店や洋服店、ショッピングサイトなどの集客に活用することで、効果的なユーザーの獲得を期待できるでしょう。

LINEビジネスアカウントを活用するとどんなメリットがありますか?

LINEは、老若男女問わず幅広い層が利用しているため、友だちになることでさまざまな見込み顧客へアプローチできる点が大きなメリットです。その上、セグメント配信によりユーザーの属性に合わせたピンポイントな情報の配信が可能です。


例えば、「東京都に住んでいる20~24歳の女性で、友だちになってから(初めて来店してから)7~29日経った、iPhoneを使用している人」といったように、ターゲットを絞ることができます。ターゲットを絞って情報を配信することで、ユーザーにとっては最適なお知らせとなり、ブロックされにくくなるメリットがあります。

LINEビジネスアカウントとは


LINEビジネスアカウントとは、企業や店舗向けのLINEアカウントです。正式名称は「LINEビジネスアカウント」で、個人用のアカウントとは使用する方法や目的が異なります。


個人アカウントでは、1対1のコミュニケーションや、グループトーク内でのやりとりを行うことを目的としています。対してLINEビジネスアカウントは企業対顧客のやりとりを目的としています。友だち追加してくれた複数の顧客に対し、1アカウントから一斉に同じメッセージを配信できます。



LINEが活用されている場面


ビジネスにおいて、LINEビジネスアカウントが活用されている場面とは、具体的にどのようなケースなのでしょうか。ターゲットや目的別に紹介します。

【潜在客向け】認知獲得


LINEビジネスアカウントの運用で自社商品・サービスをアピールすることで、潜在客へ向けた認知獲得を図ることができます。


例えば、自社サービスのLINEプロモーションスタンプを活用し、友だち追加してくれたユーザーに対して無料でスタンプを配布するとします。これまで自社サービスについて知らない層でも、スタンプのダウンロードをきっかけに認知してもらうなど、新規顧客や潜在層の発掘に役立てることができるのです。

【見込み客向け】商品・サービスの利用・購入を促す


LINEビジネスアカウントの機能のひとつ「ステップ配信」は、予め複数のメッセージを準備しておき、時間をあけて順に情報を配信することができるため、見込み客にむけたアプローチに効果的です。


例えば、友だち追加後には挨拶メッセージを送信し、その数日後には商品の紹介、さらに数日後にクーポンを送付するなど、見込み顧客に対して購入やサービスの利用を促すことができます。

【既得顧客・新規顧客向け】|リピーター獲得


既得顧客に対しては、ショップカードの利用が有効です。


ショップカードとは、スマホで使えるポイントカードのようなものです。店舗にQRコードを設置し、もともと公式アカウントの友だち追加をしている既得顧客が読み取ることでポイントが加算されます。


例えば、ポイントが100ポイント溜まると1,000円引き、500ポイントで5,000円引きなどのクーポンを配布するとします。ポイントカードがあることで「◯◯円引きまでもう少しだから、また近々来店しよう」という心理を呼び、リピーター獲得も期待できるでしょう。


ちなみに各種クーポンは、企業や店舗によって独自で作成でき、メッセージやLINE VOOMを通じてユーザーへ送付できます。そのため、友だち追加をしてくれた際にお得なクーポンを送付することで、2回目の来店や商品の購入へつなげる施策として活用されています。



LINEビジネスの料金プラン


LINEビジネスの料金プランは以下のようになります。アカウント開設にはお金がかからず、月間200通までは無料から始めることもできるため、気軽に試すことができるでしょう。


LINEビジネスの料金プラン


※メッセージ数は、送付人数×メッセージ通数にてカウントされます。1通あたり3吹き出しまで送付できます。追加メッセージの単価は、配信する数によって変動します。


※2024年3月時点の情報です。最新の情報は公式ホームページをご覧ください。

LINEビジネスでできること


LINEビジネスでは、集客に必要な機能が一通り揃っています。LINEビジネスアカウントを利用することで、どのような機能を活用して集客につなげられるのでしょうか。



メッセージ配信機能


LINEビジネスアカウントには、友だち登録をしてくれた全ての友だちに対して一斉配信する「メッセージ配信機能」があります。キャンペーンや新商品の発売時など、一斉に大多数の顧客へ広告やクーポンをワンアクションだけで簡単に配信できます。


また、属性で絞り込みをかけてグループ分けることでセグメント配信をすることも可能です。例えばセグメント配信では、年齢や性別などの属性だけでなく、友だち登録をしてから2週間経ったユーザーなど、さまざまなセグメント分けが可能です。その分類されたグループごとに、それぞれマッチした情報をピンポイントで配信できます。


属性については、以下の種別を組み合わせることで自社独自のフィルター設定ができます。


LINEビジネスのセグメント


セグメントによって最適な内容のメッセージをアプローチすることで、コンバージョン率の向上を期待できます。



自動応答チャット機能


あらかじめよくある質問を設定しておくことで、友だちから受け取った全てのメッセージに自動で応答する機能です。


応答タイプには「一律応答」と「キーワード応答」の2種類があります。


一律応答とは、友だちからのメッセージに対して一律にメッセージを送信することが可能です。一方キーワード応答は、友だちからのメッセージが事前に設定したキーワードと合致したときにメッセージを送信します。


例えばキーワード応答では、友だちから「こんにちは!」と送信された場合、「メッセージありがとうございます。恐れ入りますがこちらから個別の返信はできません。おすすめの商品を知りたい場合は『おすすめ』と言ってみてください。」といった応答が可能です。


ちなみに、手動のチャットと自動応答チャットは同時に使用できません。どちらか片方の状態での対応か、都度切り替えの必要があるので注意しましょう。



リッチメニューの設定


リッチメニューとは、トーク画面の下部に固定で表示することができるメニューです。


リッチメニュー例


引用:LINEヤフー for Business「自治体活用の理想形!進化を続ける熊本市のLINEビジネスアカウント


上記画像は熊本市が活用しているリッチメニューです。熊本市は2018年3月にLINEビジネスアカウントを開設していて、メニューからは防災情報やごみの出し方など、地域ならではの情報をすぐに確認できる要素を盛り込んでいます。


トーク画面上に大きく表示されるためユーザーの興味を惹きやすいほか、LINE外部のウェブサイトへ誘導することも可能で、コンバージョンへつなげやすい特長があります。



ショップカードの作成


ショップカードとは、デジタルのポイントカードを発行・管理できる機能です。ユーザーがポイントカードを持ち歩く必要がなく、手軽に利用できる点がメリットです。


企業や店舗にとっては、ポイントカード作成の手間とコストを抑えられることも利点と言えるでしょう。



LINE広告の運用


LINE広告とは、月間アクティブユーザー数9,600万人のLINEユーザーに対して広告配信が可能な「運用型広告」です。広告配信を開始して効果が得られなかった場合は、調整することで効果を向上させる広告へと変更できます。


トークリストなど、さまざまな場所に広告の露出が可能なので、ユーザーの属性や行動をもとにしてターゲティングし、ピンポイントな広告をアプローチできます。

LINEビジネスアカウントをビジネスで活用するメリット


ここまでLINEビジネスアカウントでは、どのような機能を利用できるのかを見てきました。それでは、ビジネスでLINEビジネスアカウントを活用することで、どんなメリットを享受できるのでしょうか。



幅広い層にアプローチすることができる


LINEを活用しているユーザーは、老若男女問わず、また性別や年代にも偏りがあまりないことから、幅広い層へアプローチできることが大きなメリットです。


その上、LINEのアクティブユーザーは2023年6月時点において、国内で9,600万人と圧倒的なユーザー数を誇っています。また、他のSNSプラットフォームと比べ、ユーザー層が幅広いのも特徴です。総務省の調査によると、SNSのうちLINEを利用している人はどの世代でも90%を越えており、老若男女問わず親しまれているのがわかります。


SNS利用率(総務省)


引用:総務省「令和4年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書



顧客とのやり取りがしやすい


LINEビジネスアカウントでは、一斉送信だけではなくユーザーと1対1でチャットができます。メールマガジンを通じた形式的なやり取りと比べ、LINEでは手軽にメッセージのやり取りができる点もメリットと言えるでしょう。


また、ユーザーからの質問に対して、チャット形式ですぐに疑問点を解消することで、機会損失を防ぐこともできます。ユーザーにとっても普段使い慣れているSNSだからこそ、逐一コミュニケーションを続けることで信頼関係を構築しやすくなる利点もあります。



さまざまな販促サービスを提供できる


集客や販促に役立つ、さまざまな機能を利用できます。


ポイントカードの発行管理ができる「ショップカード機能」では、プラスチックなどで作成していたカードのコスト、また制作による工数・管理工数を削減できます。


クーポンにおいても作成する手間やコストが抑えられ、LINEのメッセージでクーポンを配れるため、再来店を促す販促ができます。


その上、トークルーム内でアンケートや投票を行うことができ、ユーザーからの意見や要望を収集できます。店舗でのアンケート用紙よりも手軽なため、ユーザーの傾向や趣向の分析もできるでしょう。



顧客情報を分析しやすい


メールマガジンには、開封率が向上しないだけでなく、スパムメールなどの影響からメール自体がユーザーへ届かない、といった懸念もあります。


LINEのメッセージではこのようなことがなく、開封率だけでなくクリック率による効果を測定できます。


分析結果から、顧客への次のアクション方法を練ることが可能です。

LINEビジネスアカウントの開設手順


ここまで、LINEビジネスアカウントをビジネスで使用するメリットについて見てきました。それでは、LINEビジネスアカウントを契約し、実際に作成するにはどのようにすればよいのでしょうか。本章では、アカウントの開設手順について紹介します。



1.LINEビジネスアカウントのページへアクセス


LINEビジネスアカウントの公式HPへアクセス


LINEビジネスアカウントの公式ホームページへアクセスし「LINEビジネスアカウントをはじめる」または画面右上の「アカウント開設」ボタンをクリックします。



2.LINEのビジネスIDを取得する


ビジネスIDの取得


アカウント開設ボタンを押すと、上の画面へ遷移するので「LINEアカウントで登録」または「メールアドレスで登録」を選択します。


自分の個人LINEのアカウントと、LINE Business IDを紐づけたくないのであれば、「メールアドレスで登録」すると良いでしょう。


「メールアドレスで登録」を選択し、メールアドレスを入力して「登録用のリンクを送信」をクリックします。


LINEビジネスIDより送信されたメールに記載の「登録画面に進む」をクリックします。


「名前」「パスワード」を入力し、認証ボックスにチェックを入れ、「登録」をクリックし「サービスに移動」を押します。


ID登録画面


続いて、「ログイン情報」「アカウント情報」「業種」「運用目的」「主な使い方」など、必要項目を入力して「確認」をクリックします。


情報入力画面


入力内容を確認し、「確認」をクリックすればLINEのビジネスIDの取得およびLINEビジネスアカウントの作成が完了です。



3.入力内容の確認


「アカウント認証をリクエストする」または「あとで認証を行う」を選択します。


認証済みアカウントになると、検索結果に表示されるなどいくつかのメリットが得られます。ただ、この手続きは任意のため、必ず行う必要はありません。必要に応じて手続きを行いましょう。


今回は「あとで認証を行う」を選択しました。


管理画面


管理画面の「LINE Official Account Manager」にログインできたら、アカウントの開設完了です。

【実践】LINEビジネスアカウントの運用ステップ


LINEビジネスアカウントの作成方法を見てきました。それではアカウント開設後、具体的な運用ステップについて紹介します。



基本情報を登録し、認証済みアカウントに申請する


まず、アカウント名やプロフィールなどの基本情報を登録します。


基本情報を登録


すべての設定が完了した後、このプロフィール設定画面の右下「公開」ボタンを押すと公開されます。


基本情報を登録したら、各種メッセージの設定を行います。


例えば、友だち追加時の「あいさつメッセージ」や、話しかけられた際の応答メッセージなどです。また、LINEビジネスアカウントには、「認証済アカウント」と「未認証アカウント」の2種類があります。


認証済みアカウントになると、各種機能が開放されるため、企業や店舗でLINEビジネスアカウントを開設するのであれば、認証済みアカウントでの運用がおすすめです。


さらに、認証済みアカウントになると以下のようなメリットがあります。


  • 検索に表示されるようになる

  • LINEキャラクター入りの販促用ポスターがダウンロード可能

  • 請求書決済が利用可能

  • 「友だち追加広告」が利用可能


友だち数を増やしつつ、情報発信を行う


LINEビジネスアカウントは、友だち追加してくれたユーザーに対してのみ発信できます。アカウント開設直後は、友だちの数が少ないため、なるべく早い段階で友だちを増やさなければなりません。


友だちを増やすための施策の一例として、店舗であれば、店内にLINEのQRコードを用意して「友だち登録により初回限定で20%OFFクーポンをプレゼント」などと記載する方法があります。


それにより友だちが増えたら、LINEビジネスアカウントの様々なメッセージ機能を利用して配信します。メッセージ機能には、「テキストメッセージ」「リッチメッセージ」「カードタイプメッセージ」があります。

メッセージ配信例


引用:LINEヤフー for Business「メッセージ配信の特長や種類、効果的なメッセージとは


例えば、お店のメニューの写真や価格が一目でわかるようなメッセージを配信することで、ユーザーにとって魅力的な広告を送ることもできます。



運用結果を分析し、次の施策に活かす


LINEビジネスアカウントには、データ分析機能があります。運用を始めてから、ある程度データが蓄積されたあと、分析することで改善点を洗い出し、次のアクションプランを模索することも可能です。


分析対象のターゲットを絞れる機能が充実しているため、ユーザーの属性ごとに分析できます。仮に、30代の男性が友だちに多いという分析結果が出た場合、柔らかい写真よりもダークでスタイリッシュな画像デザイン、男性向けのテキスト内容にするなどの対策が打てるでしょう。


それにより、ターゲットに刺さりやすいメッセージなどの情報発信が行えるようになります。

LINEビジネスアカウント運用時の注意点


LINEビジネスアカウントには、さまざまなメリットがありました。では、運用する際にはどのような点に留意しなければならないのでしょうか。



ブロックされてしまうこともある


LINEは、気軽に友だち追加をしやすい反面、広告やメッセージの配信数が多いことが気になったり、求めている情報が得られなかったりすると、ユーザーにブロックされることもあります。


ただ、ブロックされてもコストはメッセージ数に対して発生するため、なるべくブロックされないための手立てを考える必要があります。


例えば、配信頻度や通知オフのやり方、定期的にクーポンを送ることを初回に伝えると、ブロック率を下げることができるでしょう。 


また、セグメント配信により、そのユーザーにとって最適な情報をピンポイントで配信するようにすることもブロックされない施策の1つです。



友だちが少ないと効果が出にくい


LINEビジネスアカウントは、不特定多数の誰にでも配信が可能ではなく、友だち追加されたユーザーにのみメッセージを配信できます。よって、友だちが少ないとそれだけ配信数も少なくなり、思うような効果を得られないこともあります。


LINEビジネスアカウントの開設後は、まず友だちを増やす施策を考えて積極的にアプローチしていきましょう。

まとめ

まとめ

LINEはビジネスで活用できる


LINEは、個人間の利用だけでなく、ビジネスでも活用できます。


LINEビジネスアカウントを開設すると、さまざまな機能を使用して効果的に顧客へ自社商品をアピールできます。


顧客の年齢や性別、友だちとなった期間などの属性ごとに、異なる方法でアピールすることによって、より高い配信の効果を見込めるようになります。


LINEビジネスアカウントの開設は無料なので、まず実践してみてはいかがでしょうか。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。

課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

よくある質問

よくある質問

LINEビジネスアカウントと普通のアカウントの違いは何ですか?

個人で利用するLINEは、一般的に家族や友人などとプライベートのコミュニケーションに使用されます。


一方、LINEビジネスアカウントは、企業や店舗が見込み顧客や既得顧客へ広告やメッセージを配信することで、自社商品の購入やサービスの契約へつなげるためのものです。ステップ配信や自動応答チャット機能、ショップカードやリッチメッセージ・カードタイプメッセージなど、商品やサービスの魅力を伝えやすい機能が多く搭載されています。

LINEビジネスアカウントは誰でも作れますか?

LINEビジネスアカウントは、法人から個人事業主まで作成が可能です。よって、個人で経営している飲食店や洋服店、ショッピングサイトなどの集客に活用することで、効果的なユーザーの獲得を期待できるでしょう。

LINEビジネスアカウントを活用するとどんなメリットがありますか?

LINEは、老若男女問わず幅広い層が利用しているため、友だちになることでさまざまな見込み顧客へアプローチできる点が大きなメリットです。その上、セグメント配信によりユーザーの属性に合わせたピンポイントな情報の配信が可能です。


例えば、「東京都に住んでいる20~24歳の女性で、友だちになってから(初めて来店してから)7~29日経った、iPhoneを使用している人」といったように、ターゲットを絞ることができます。ターゲットを絞って情報を配信することで、ユーザーにとっては最適なお知らせとなり、ブロックされにくくなるメリットがあります。

LINEビジネスアカウントとは


LINEビジネスアカウントとは、企業や店舗向けのLINEアカウントです。正式名称は「LINEビジネスアカウント」で、個人用のアカウントとは使用する方法や目的が異なります。


個人アカウントでは、1対1のコミュニケーションや、グループトーク内でのやりとりを行うことを目的としています。対してLINEビジネスアカウントは企業対顧客のやりとりを目的としています。友だち追加してくれた複数の顧客に対し、1アカウントから一斉に同じメッセージを配信できます。



LINEが活用されている場面


ビジネスにおいて、LINEビジネスアカウントが活用されている場面とは、具体的にどのようなケースなのでしょうか。ターゲットや目的別に紹介します。

【潜在客向け】認知獲得


LINEビジネスアカウントの運用で自社商品・サービスをアピールすることで、潜在客へ向けた認知獲得を図ることができます。


例えば、自社サービスのLINEプロモーションスタンプを活用し、友だち追加してくれたユーザーに対して無料でスタンプを配布するとします。これまで自社サービスについて知らない層でも、スタンプのダウンロードをきっかけに認知してもらうなど、新規顧客や潜在層の発掘に役立てることができるのです。

【見込み客向け】商品・サービスの利用・購入を促す


LINEビジネスアカウントの機能のひとつ「ステップ配信」は、予め複数のメッセージを準備しておき、時間をあけて順に情報を配信することができるため、見込み客にむけたアプローチに効果的です。


例えば、友だち追加後には挨拶メッセージを送信し、その数日後には商品の紹介、さらに数日後にクーポンを送付するなど、見込み顧客に対して購入やサービスの利用を促すことができます。

【既得顧客・新規顧客向け】|リピーター獲得


既得顧客に対しては、ショップカードの利用が有効です。


ショップカードとは、スマホで使えるポイントカードのようなものです。店舗にQRコードを設置し、もともと公式アカウントの友だち追加をしている既得顧客が読み取ることでポイントが加算されます。


例えば、ポイントが100ポイント溜まると1,000円引き、500ポイントで5,000円引きなどのクーポンを配布するとします。ポイントカードがあることで「◯◯円引きまでもう少しだから、また近々来店しよう」という心理を呼び、リピーター獲得も期待できるでしょう。


ちなみに各種クーポンは、企業や店舗によって独自で作成でき、メッセージやLINE VOOMを通じてユーザーへ送付できます。そのため、友だち追加をしてくれた際にお得なクーポンを送付することで、2回目の来店や商品の購入へつなげる施策として活用されています。



LINEビジネスの料金プラン


LINEビジネスの料金プランは以下のようになります。アカウント開設にはお金がかからず、月間200通までは無料から始めることもできるため、気軽に試すことができるでしょう。


LINEビジネスの料金プラン


※メッセージ数は、送付人数×メッセージ通数にてカウントされます。1通あたり3吹き出しまで送付できます。追加メッセージの単価は、配信する数によって変動します。


※2024年3月時点の情報です。最新の情報は公式ホームページをご覧ください。

LINEビジネスでできること


LINEビジネスでは、集客に必要な機能が一通り揃っています。LINEビジネスアカウントを利用することで、どのような機能を活用して集客につなげられるのでしょうか。



メッセージ配信機能


LINEビジネスアカウントには、友だち登録をしてくれた全ての友だちに対して一斉配信する「メッセージ配信機能」があります。キャンペーンや新商品の発売時など、一斉に大多数の顧客へ広告やクーポンをワンアクションだけで簡単に配信できます。


また、属性で絞り込みをかけてグループ分けることでセグメント配信をすることも可能です。例えばセグメント配信では、年齢や性別などの属性だけでなく、友だち登録をしてから2週間経ったユーザーなど、さまざまなセグメント分けが可能です。その分類されたグループごとに、それぞれマッチした情報をピンポイントで配信できます。


属性については、以下の種別を組み合わせることで自社独自のフィルター設定ができます。


LINEビジネスのセグメント


セグメントによって最適な内容のメッセージをアプローチすることで、コンバージョン率の向上を期待できます。



自動応答チャット機能


あらかじめよくある質問を設定しておくことで、友だちから受け取った全てのメッセージに自動で応答する機能です。


応答タイプには「一律応答」と「キーワード応答」の2種類があります。


一律応答とは、友だちからのメッセージに対して一律にメッセージを送信することが可能です。一方キーワード応答は、友だちからのメッセージが事前に設定したキーワードと合致したときにメッセージを送信します。


例えばキーワード応答では、友だちから「こんにちは!」と送信された場合、「メッセージありがとうございます。恐れ入りますがこちらから個別の返信はできません。おすすめの商品を知りたい場合は『おすすめ』と言ってみてください。」といった応答が可能です。


ちなみに、手動のチャットと自動応答チャットは同時に使用できません。どちらか片方の状態での対応か、都度切り替えの必要があるので注意しましょう。



リッチメニューの設定


リッチメニューとは、トーク画面の下部に固定で表示することができるメニューです。


リッチメニュー例


引用:LINEヤフー for Business「自治体活用の理想形!進化を続ける熊本市のLINEビジネスアカウント


上記画像は熊本市が活用しているリッチメニューです。熊本市は2018年3月にLINEビジネスアカウントを開設していて、メニューからは防災情報やごみの出し方など、地域ならではの情報をすぐに確認できる要素を盛り込んでいます。


トーク画面上に大きく表示されるためユーザーの興味を惹きやすいほか、LINE外部のウェブサイトへ誘導することも可能で、コンバージョンへつなげやすい特長があります。



ショップカードの作成


ショップカードとは、デジタルのポイントカードを発行・管理できる機能です。ユーザーがポイントカードを持ち歩く必要がなく、手軽に利用できる点がメリットです。


企業や店舗にとっては、ポイントカード作成の手間とコストを抑えられることも利点と言えるでしょう。



LINE広告の運用


LINE広告とは、月間アクティブユーザー数9,600万人のLINEユーザーに対して広告配信が可能な「運用型広告」です。広告配信を開始して効果が得られなかった場合は、調整することで効果を向上させる広告へと変更できます。


トークリストなど、さまざまな場所に広告の露出が可能なので、ユーザーの属性や行動をもとにしてターゲティングし、ピンポイントな広告をアプローチできます。

LINEビジネスアカウントをビジネスで活用するメリット


ここまでLINEビジネスアカウントでは、どのような機能を利用できるのかを見てきました。それでは、ビジネスでLINEビジネスアカウントを活用することで、どんなメリットを享受できるのでしょうか。



幅広い層にアプローチすることができる


LINEを活用しているユーザーは、老若男女問わず、また性別や年代にも偏りがあまりないことから、幅広い層へアプローチできることが大きなメリットです。


その上、LINEのアクティブユーザーは2023年6月時点において、国内で9,600万人と圧倒的なユーザー数を誇っています。また、他のSNSプラットフォームと比べ、ユーザー層が幅広いのも特徴です。総務省の調査によると、SNSのうちLINEを利用している人はどの世代でも90%を越えており、老若男女問わず親しまれているのがわかります。


SNS利用率(総務省)


引用:総務省「令和4年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書



顧客とのやり取りがしやすい


LINEビジネスアカウントでは、一斉送信だけではなくユーザーと1対1でチャットができます。メールマガジンを通じた形式的なやり取りと比べ、LINEでは手軽にメッセージのやり取りができる点もメリットと言えるでしょう。


また、ユーザーからの質問に対して、チャット形式ですぐに疑問点を解消することで、機会損失を防ぐこともできます。ユーザーにとっても普段使い慣れているSNSだからこそ、逐一コミュニケーションを続けることで信頼関係を構築しやすくなる利点もあります。



さまざまな販促サービスを提供できる


集客や販促に役立つ、さまざまな機能を利用できます。


ポイントカードの発行管理ができる「ショップカード機能」では、プラスチックなどで作成していたカードのコスト、また制作による工数・管理工数を削減できます。


クーポンにおいても作成する手間やコストが抑えられ、LINEのメッセージでクーポンを配れるため、再来店を促す販促ができます。


その上、トークルーム内でアンケートや投票を行うことができ、ユーザーからの意見や要望を収集できます。店舗でのアンケート用紙よりも手軽なため、ユーザーの傾向や趣向の分析もできるでしょう。



顧客情報を分析しやすい


メールマガジンには、開封率が向上しないだけでなく、スパムメールなどの影響からメール自体がユーザーへ届かない、といった懸念もあります。


LINEのメッセージではこのようなことがなく、開封率だけでなくクリック率による効果を測定できます。


分析結果から、顧客への次のアクション方法を練ることが可能です。

LINEビジネスアカウントの開設手順


ここまで、LINEビジネスアカウントをビジネスで使用するメリットについて見てきました。それでは、LINEビジネスアカウントを契約し、実際に作成するにはどのようにすればよいのでしょうか。本章では、アカウントの開設手順について紹介します。



1.LINEビジネスアカウントのページへアクセス


LINEビジネスアカウントの公式HPへアクセス


LINEビジネスアカウントの公式ホームページへアクセスし「LINEビジネスアカウントをはじめる」または画面右上の「アカウント開設」ボタンをクリックします。



2.LINEのビジネスIDを取得する


ビジネスIDの取得


アカウント開設ボタンを押すと、上の画面へ遷移するので「LINEアカウントで登録」または「メールアドレスで登録」を選択します。


自分の個人LINEのアカウントと、LINE Business IDを紐づけたくないのであれば、「メールアドレスで登録」すると良いでしょう。


「メールアドレスで登録」を選択し、メールアドレスを入力して「登録用のリンクを送信」をクリックします。


LINEビジネスIDより送信されたメールに記載の「登録画面に進む」をクリックします。


「名前」「パスワード」を入力し、認証ボックスにチェックを入れ、「登録」をクリックし「サービスに移動」を押します。


ID登録画面


続いて、「ログイン情報」「アカウント情報」「業種」「運用目的」「主な使い方」など、必要項目を入力して「確認」をクリックします。


情報入力画面


入力内容を確認し、「確認」をクリックすればLINEのビジネスIDの取得およびLINEビジネスアカウントの作成が完了です。



3.入力内容の確認


「アカウント認証をリクエストする」または「あとで認証を行う」を選択します。


認証済みアカウントになると、検索結果に表示されるなどいくつかのメリットが得られます。ただ、この手続きは任意のため、必ず行う必要はありません。必要に応じて手続きを行いましょう。


今回は「あとで認証を行う」を選択しました。


管理画面


管理画面の「LINE Official Account Manager」にログインできたら、アカウントの開設完了です。

【実践】LINEビジネスアカウントの運用ステップ


LINEビジネスアカウントの作成方法を見てきました。それではアカウント開設後、具体的な運用ステップについて紹介します。



基本情報を登録し、認証済みアカウントに申請する


まず、アカウント名やプロフィールなどの基本情報を登録します。


基本情報を登録


すべての設定が完了した後、このプロフィール設定画面の右下「公開」ボタンを押すと公開されます。


基本情報を登録したら、各種メッセージの設定を行います。


例えば、友だち追加時の「あいさつメッセージ」や、話しかけられた際の応答メッセージなどです。また、LINEビジネスアカウントには、「認証済アカウント」と「未認証アカウント」の2種類があります。


認証済みアカウントになると、各種機能が開放されるため、企業や店舗でLINEビジネスアカウントを開設するのであれば、認証済みアカウントでの運用がおすすめです。


さらに、認証済みアカウントになると以下のようなメリットがあります。


  • 検索に表示されるようになる

  • LINEキャラクター入りの販促用ポスターがダウンロード可能

  • 請求書決済が利用可能

  • 「友だち追加広告」が利用可能


友だち数を増やしつつ、情報発信を行う


LINEビジネスアカウントは、友だち追加してくれたユーザーに対してのみ発信できます。アカウント開設直後は、友だちの数が少ないため、なるべく早い段階で友だちを増やさなければなりません。


友だちを増やすための施策の一例として、店舗であれば、店内にLINEのQRコードを用意して「友だち登録により初回限定で20%OFFクーポンをプレゼント」などと記載する方法があります。


それにより友だちが増えたら、LINEビジネスアカウントの様々なメッセージ機能を利用して配信します。メッセージ機能には、「テキストメッセージ」「リッチメッセージ」「カードタイプメッセージ」があります。

メッセージ配信例


引用:LINEヤフー for Business「メッセージ配信の特長や種類、効果的なメッセージとは


例えば、お店のメニューの写真や価格が一目でわかるようなメッセージを配信することで、ユーザーにとって魅力的な広告を送ることもできます。



運用結果を分析し、次の施策に活かす


LINEビジネスアカウントには、データ分析機能があります。運用を始めてから、ある程度データが蓄積されたあと、分析することで改善点を洗い出し、次のアクションプランを模索することも可能です。


分析対象のターゲットを絞れる機能が充実しているため、ユーザーの属性ごとに分析できます。仮に、30代の男性が友だちに多いという分析結果が出た場合、柔らかい写真よりもダークでスタイリッシュな画像デザイン、男性向けのテキスト内容にするなどの対策が打てるでしょう。


それにより、ターゲットに刺さりやすいメッセージなどの情報発信が行えるようになります。

LINEビジネスアカウント運用時の注意点


LINEビジネスアカウントには、さまざまなメリットがありました。では、運用する際にはどのような点に留意しなければならないのでしょうか。



ブロックされてしまうこともある


LINEは、気軽に友だち追加をしやすい反面、広告やメッセージの配信数が多いことが気になったり、求めている情報が得られなかったりすると、ユーザーにブロックされることもあります。


ただ、ブロックされてもコストはメッセージ数に対して発生するため、なるべくブロックされないための手立てを考える必要があります。


例えば、配信頻度や通知オフのやり方、定期的にクーポンを送ることを初回に伝えると、ブロック率を下げることができるでしょう。 


また、セグメント配信により、そのユーザーにとって最適な情報をピンポイントで配信するようにすることもブロックされない施策の1つです。



友だちが少ないと効果が出にくい


LINEビジネスアカウントは、不特定多数の誰にでも配信が可能ではなく、友だち追加されたユーザーにのみメッセージを配信できます。よって、友だちが少ないとそれだけ配信数も少なくなり、思うような効果を得られないこともあります。


LINEビジネスアカウントの開設後は、まず友だちを増やす施策を考えて積極的にアプローチしていきましょう。

まとめ

まとめ

LINEはビジネスで活用できる


LINEは、個人間の利用だけでなく、ビジネスでも活用できます。


LINEビジネスアカウントを開設すると、さまざまな機能を使用して効果的に顧客へ自社商品をアピールできます。


顧客の年齢や性別、友だちとなった期間などの属性ごとに、異なる方法でアピールすることによって、より高い配信の効果を見込めるようになります。


LINEビジネスアカウントの開設は無料なので、まず実践してみてはいかがでしょうか。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。
課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

よくある質問

よくある質問

LINEビジネスアカウントと普通のアカウントの違いは何ですか?

個人で利用するLINEは、一般的に家族や友人などとプライベートのコミュニケーションに使用されます。


一方、LINEビジネスアカウントは、企業や店舗が見込み顧客や既得顧客へ広告やメッセージを配信することで、自社商品の購入やサービスの契約へつなげるためのものです。ステップ配信や自動応答チャット機能、ショップカードやリッチメッセージ・カードタイプメッセージなど、商品やサービスの魅力を伝えやすい機能が多く搭載されています。

LINEビジネスアカウントは誰でも作れますか?

LINEビジネスアカウントは、法人から個人事業主まで作成が可能です。よって、個人で経営している飲食店や洋服店、ショッピングサイトなどの集客に活用することで、効果的なユーザーの獲得を期待できるでしょう。

LINEビジネスアカウントを活用するとどんなメリットがありますか?

LINEは、老若男女問わず幅広い層が利用しているため、友だちになることでさまざまな見込み顧客へアプローチできる点が大きなメリットです。その上、セグメント配信によりユーザーの属性に合わせたピンポイントな情報の配信が可能です。


例えば、「東京都に住んでいる20~24歳の女性で、友だちになってから(初めて来店してから)7~29日経った、iPhoneを使用している人」といったように、ターゲットを絞ることができます。ターゲットを絞って情報を配信することで、ユーザーにとっては最適なお知らせとなり、ブロックされにくくなるメリットがあります。

合わせ読みたい

合わせ読みたい

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Cozies編集部

株式会社Coziesの編集部です。デジタルマーケティングの情報をはじめ、皆さんに有意義な情報をお届けします。

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Cozies編集部

株式会社Coziesの編集部です。デジタルマーケティングの情報をはじめ、皆さんに有意義な情報をお届けします。

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Cozies編集部

株式会社Coziesの編集部です。デジタルマーケティングの情報をはじめ、皆さんに有意義な情報をお届けします。

デジタルマーケティングのご相談はこちら

インターネット広告・SEO・Google Analytics4の設定、ユーザーコミュニケーションやプロモーションの課題など、

デジタルマーケティングでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

Contact to us. - Contact to us. - Contact to us. - Contact to us. - Contact to us.