Google アナリティクス 4(GA4)の権限付与フローを4ステップでわかりやすく解説

2023/05/17

Image

2023/10/18

Image

Cozies編集部

GA4_権限付与

Google アナリティクス 4(GA4)の権限付与フローを4ステップでわかりやすく解説

2023/05/17

Image

2023/10/18

Image

Cozies編集部

GA4_権限付与

Google アナリティクス 4(GA4)の権限付与フローを4ステップでわかりやすく解説

2023/05/17

Image

2023/10/18

Image

Cozies編集部

GA4_権限付与
  • GA4の権限付与の手順

  • 権限付与がうまく行かないときの対処法

この記事でわかること

GA4は、Webサイトやアプリの分析を行う上で必要不可欠なツールです。しかし、アカウントに権限を付与する際には、慎重に設定しなければなりません。というのも、不適切な権限設定を行うと、誤ったデータ分析やセキュリティ上のリスクが生じる可能性があるからです。


この記事では、従来のUAとGA4との違いや、GA4で権限を付与する際の手順と注意点、権限付与がうまくいかない場合の対処法について詳しく解説します。適切な権限設定を行い、正確なデータ分析を行うために、ぜひ参考にしてください。


CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティングの会社です。

自社コンテンツを中心に、課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、オウンドメディア支援、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで、

効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

  • GA4の権限付与の手順

  • 権限付与がうまく行かないときの対処法

この記事でわかること

GA4は、Webサイトやアプリの分析を行う上で必要不可欠なツールです。しかし、アカウントに権限を付与する際には、慎重に設定しなければなりません。というのも、不適切な権限設定を行うと、誤ったデータ分析やセキュリティ上のリスクが生じる可能性があるからです。


この記事では、従来のUAとGA4との違いや、GA4で権限を付与する際の手順と注意点、権限付与がうまくいかない場合の対処法について詳しく解説します。適切な権限設定を行い、正確なデータ分析を行うために、ぜひ参考にしてください。


CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。

課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

  • GA4の権限付与の手順

  • 権限付与がうまく行かないときの対処法

この記事でわかること

GA4は、Webサイトやアプリの分析を行う上で必要不可欠なツールです。しかし、アカウントに権限を付与する際には、慎重に設定しなければなりません。というのも、不適切な権限設定を行うと、誤ったデータ分析やセキュリティ上のリスクが生じる可能性があるからです。


この記事では、従来のUAとGA4との違いや、GA4で権限を付与する際の手順と注意点、権限付与がうまくいかない場合の対処法について詳しく解説します。適切な権限設定を行い、正確なデータ分析を行うために、ぜひ参考にしてください。


CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。
課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

目次

GA4とは最新版のGoogleアナリティクス

 権限付与は3種類


GA4の権限付与の手順とは?

 1.Googleアナリティクスアカウントを準備する

 2.操作画面へ移動

 3.メールアドレスを追加する

 4.権限付与が完了


権限付与における5つの注意点

 1.必要な権限のみ付与する

 2.セキュリティを考慮する

 3.適切なグループを作成し、権限を付与する

 4.付与した権限をドキュメント化しておく

 5.変更履歴は必ず記録しておく


権限付与がうまくいかない場合の対処方法

 1.アカウントのアクセス権限を確認する

 2.アカウントとプロパティの関係を確認する

 3.GA4の設定を確認する

 4.キャッシュをクリアする

 5.ブラウザを変更する


まとめ

よくある質問

目次

GA4とは最新版のGoogleアナリティクス

 権限付与は3種類


GA4の権限付与の手順とは?

 1.Googleアナリティクスアカウントを準備する

 2.操作画面へ移動

 3.メールアドレスを追加する

 4.権限付与が完了


権限付与における5つの注意点

 1.必要な権限のみ付与する

 2.セキュリティを考慮する

 3.適切なグループを作成し、権限を付与する

 4.付与した権限をドキュメント化しておく

 5.変更履歴は必ず記録しておく


権限付与がうまくいかない場合の対処方法

 1.アカウントのアクセス権限を確認する

 2.アカウントとプロパティの関係を確認する

 3.GA4の設定を確認する

 4.キャッシュをクリアする

 5.ブラウザを変更する


まとめ

よくある質問

目次

GA4とは最新版のGoogleアナリティクス

 権限付与は3種類


GA4の権限付与の手順とは?

 1.Googleアナリティクスアカウントを準備する

 2.操作画面へ移動

 3.メールアドレスを追加する

 4.権限付与が完了


権限付与における5つの注意点

 1.必要な権限のみ付与する

 2.セキュリティを考慮する

 3.適切なグループを作成し、権限を付与する

 4.付与した権限をドキュメント化しておく

 5.変更履歴は必ず記録しておく


権限付与がうまくいかない場合の対処方法

 1.アカウントのアクセス権限を確認する

 2.アカウントとプロパティの関係を確認する

 3.GA4の設定を確認する

 4.キャッシュをクリアする

 5.ブラウザを変更する


まとめ

よくある質問

GA4とは最新版のGoogleアナリティクス


GA4は、2020年10月にリリースされた最新版のGoogleアナリティクスです。新しいAI機能が搭載されているためより高度な分析が可能で、Cookieに関する制限に対処できるのが特徴の一つです。


旧GA(UA)は、2023年7月1日でのサポート停止が決まっています。そのため、現在UAを利用されている方は、データ計測を途切らせないためにも、急ぎGA4への移行が必要です。


従来のUAと比較したGA4の特徴は、主に5つあります。

Google Analyticsの特徴




権限付与は3種類


GA4には、アカウントレベルとプロパティレベル、ビューレベルの3種類の権限付与があります。


▼GA4の権限付与(3種類)


  • アカウントレベルの権限付与

全てのプロパティに関する権限が設定できます。


  • プロパティレベルの権限付与

特定のサイトのみに関する権限が設定できます。GA4アカウントとサイトをひも付けるのがプロパティで、基本的に1つのサイトにつき1つのプロパティがあります。


  • ビューレベルの権限付与

閲覧のみでプロパティやアカウントの設定を変更することはできません。



Googleアナリティクスにおけるプロパティとは、アクセスデータを収集・分析する単位のことです。例えば、ファイルの種類やプログラム、作成・更新日時がこれにあたります。従来のUAでは、1つのプロパティに対して1つのトラッキングIDが発行される形でした。しかし、GA4プロパティでは、1つのプロパティに対してウェブ用、アプリ用といった複数のトラッキングIDを発行することが可能になります。

そのため、複数のデバイスを利用するユーザーを同一ユーザーとして判定したり、ウェブとアプリを統合して分析したりできます。

従来のGoogle Analyticsアカウント構造


Google Analytics4のアカウント構造

GA4の権限付与の手順とは?


GA4の構造がわかったところで、次はGA4の権限付与の手順を説明します。




1.Googleアナリティクスアカウントを準備する


権限を付与するには、Googleアナリティクスのアカウントが必要です。用意がない場合、まずはアカウント開設から行いましょう。




2.操作画面へ移動


アカウントの準備が整ったら、Googleアナリティクスにログインします。


「ホーム」において、アカウントが権限を付与する予定のアカウントであることを確認し、左下の歯車アイコンをクリックしてください。

Google Analyticsログイン


メニュー内「アカウントのアクセス管理」をクリックしてください。


Google Analyticsアカウントのアクセス管理


画面右上の青地に白文字の「+」をクリックし、「ユーザーの追加」をクリックしてください。


Google Analyticsユーザー追加




3.メールアドレスを追加する


次に、権限付与したい相手のメールアドレスを入力してください。そして、付与したい権限の種類を選択し、「追加」をクリックしてください。

Google Analyticsユーザー追加


その後は、メール内の指示に従って、操作してください。




4.権限付与が完了


相手が権限を承認することで権限付与が完了します。

権限付与における5つの注意点


権限を付与する際は、以下の5つの注意点に気をつけてください。




1.必要な権限のみ付与する


GA4では、アカウント、プロパティ、ビューのそれぞれに異なるレベルのアクセス権限を設定することができます。権限を設定する際には、必要な権限を正確に設定し、不要な権限を与えないように注意する必要があります。


例えば、ビューのみの権限であれば、プロパティやアカウントの設定を変更することはできません。




2.セキュリティを考慮する


GA4では、権限付与により機密情報にアクセスすることができるため、セキュリティを考慮する必要があります。アカウントへのアクセス権限を持つ人物が限られるようにし、パスワードの定期的な変更や2段階認証の設定を行うことがおすすめです。




3.適切なグループを作成し、権限を付与する


GA4では、グループを作成することで、複数のユーザーに一括でアクセス権限を付与することができます。グループを作成する際には、グループの名前やメンバーを適切に設定し、必要な権限を持つメンバーのみをグループに追加することが重要です。




4.付与した権限をドキュメント化しておく


GA4で権限を付与する際には、その内容をドキュメント化することがおすすめです。誰がどのような権限を持っているかを明確にしておくことで、権限に関する問題が生じた場合に対応することが容易になります。




5.変更履歴は必ず記録しておく


GA4では、アカウントやプロパティの設定変更履歴を記録できます。権限付与を行った場合は、定期的に変更履歴を確認し、不正な変更が行われていないかを確認することが必要です。

権限付与がうまくいかない場合の対処方法


手順通り進めてみたものの「権限がありません」と表示されるなど、お困りの際は以下の手順を試してみてください。




1.アカウントのアクセス権限を確認する


まず、アカウントに割り当てられたアクセス権限が適切に設定されているかを確認してください。特に、アカウント管理者は、GA4にアクセスするために必要な権限を持っていることを確認してください。




2.アカウントとプロパティの関係を確認する


アカウントにアクセスできる権限がある場合は、プロパティにアクセスできるようにする必要があります。アカウントにアクセスして、プロパティが正しく設定されていることを確認してください。




3.GA4の設定を確認する


GA4の設定が正しく設定されていることを確認してください。アクセス許可が必要な場合は、アカウント管理者がアクセス許可を与える必要があります。




4.キャッシュをクリアする


GA4にアクセスする際に問題が発生する場合は、ブラウザのキャッシュをクリアしてみてください。ブラウザのキャッシュに問題がある場合、アクセスに関する問題が発生することがあります。




5.ブラウザを変更する


ブラウザに問題がある場合は、別のブラウザを使用してアクセスしてみてください。別のブラウザを使用することで、問題を解決できる場合があります。


以上の手順を試しても問題が解決しない場合は、GA4のサポートセンターにお問い合わせください。

まとめ

まとめ

GA4のユーザー権限を付与すれば、他のユーザーでも設定編集やデータの閲覧などが可能です。


情報をすべて見せていい方にはアカウントユーザー管理、限定したプロパティの情報を共有したい方にはプロパティユーザー管理の権限を付与するなど、権限を与える際にはどの権限を付与するのかを慎重に判断し、意図しない情報漏えいや情報の削除などが起こらないよう、管理者は厳重な確認を行いましょう。


▼GA4権限の付与手順まとめ

GA4権限の付与手順まとめ


CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティングの会社です。

自社コンテンツを中心に、課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、オウンドメディア支援、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで、

効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

よくある質問

よくある質問

Q1.UAとGA4では何が違いますか?

UAとGA4は、主に以下の点で違いがあります。

  1. データモデル

  2. レポート

  3. クッキーの扱い方

  4. イベントトラッキング

  5. コンバージョン

それぞれの項目について詳しい説明は、「GA4とは最新版のGoogleアナリティクス」をご覧ください。

Q2.Googleアナリティクスの権限付与の手順を教えてください。

Googleアナリティクスの権限付与の手順は以下のとおりです。

  1. Googleアナリティクスにログイン

  2. 左下の歯車アイコンからメニュー内「アカウントのアクセス管理」をクリック

  3. 画面右上の青地に白文字の「+」をクリックし、「ユーザーの追加」をクリック

  4. 権限付与する相手のメールアドレスを入力

  5. 付与する権限にチェックを入れ、「追加」をクリック

  6. 相手がメールを操作することで権限付与が完了

画像付きの説明は、「GA4の権限付与の手順とは?」をご覧ください。

GA4とは最新版のGoogleアナリティクス


GA4は、2020年10月にリリースされた最新版のGoogleアナリティクスです。新しいAI機能が搭載されているためより高度な分析が可能で、Cookieに関する制限に対処できるのが特徴の一つです。


旧GA(UA)は、2023年7月1日でのサポート停止が決まっています。そのため、現在UAを利用されている方は、データ計測を途切らせないためにも、急ぎGA4への移行が必要です。


従来のUAと比較したGA4の特徴は、主に5つあります。

Google Analyticsの特徴




権限付与は3種類


GA4には、アカウントレベルとプロパティレベル、ビューレベルの3種類の権限付与があります。


▼GA4の権限付与(3種類)


  • アカウントレベルの権限付与

全てのプロパティに関する権限が設定できます。


  • プロパティレベルの権限付与

特定のサイトのみに関する権限が設定できます。GA4アカウントとサイトをひも付けるのがプロパティで、基本的に1つのサイトにつき1つのプロパティがあります。


  • ビューレベルの権限付与

閲覧のみでプロパティやアカウントの設定を変更することはできません。



Googleアナリティクスにおけるプロパティとは、アクセスデータを収集・分析する単位のことです。例えば、ファイルの種類やプログラム、作成・更新日時がこれにあたります。従来のUAでは、1つのプロパティに対して1つのトラッキングIDが発行される形でした。しかし、GA4プロパティでは、1つのプロパティに対してウェブ用、アプリ用といった複数のトラッキングIDを発行することが可能になります。

そのため、複数のデバイスを利用するユーザーを同一ユーザーとして判定したり、ウェブとアプリを統合して分析したりできます。

従来のGoogle Analyticsアカウント構造


Google Analytics4のアカウント構造

GA4の権限付与の手順とは?


GA4の構造がわかったところで、次はGA4の権限付与の手順を説明します。




1.Googleアナリティクスアカウントを準備する


権限を付与するには、Googleアナリティクスのアカウントが必要です。用意がない場合、まずはアカウント開設から行いましょう。




2.操作画面へ移動


アカウントの準備が整ったら、Googleアナリティクスにログインします。


「ホーム」において、アカウントが権限を付与する予定のアカウントであることを確認し、左下の歯車アイコンをクリックしてください。

Google Analyticsログイン


メニュー内「アカウントのアクセス管理」をクリックしてください。


Google Analyticsアカウントのアクセス管理


画面右上の青地に白文字の「+」をクリックし、「ユーザーの追加」をクリックしてください。


Google Analyticsユーザー追加




3.メールアドレスを追加する


次に、権限付与したい相手のメールアドレスを入力してください。そして、付与したい権限の種類を選択し、「追加」をクリックしてください。

Google Analyticsユーザー追加


その後は、メール内の指示に従って、操作してください。




4.権限付与が完了


相手が権限を承認することで権限付与が完了します。

権限付与における5つの注意点


権限を付与する際は、以下の5つの注意点に気をつけてください。




1.必要な権限のみ付与する


GA4では、アカウント、プロパティ、ビューのそれぞれに異なるレベルのアクセス権限を設定することができます。権限を設定する際には、必要な権限を正確に設定し、不要な権限を与えないように注意する必要があります。


例えば、ビューのみの権限であれば、プロパティやアカウントの設定を変更することはできません。




2.セキュリティを考慮する


GA4では、権限付与により機密情報にアクセスすることができるため、セキュリティを考慮する必要があります。アカウントへのアクセス権限を持つ人物が限られるようにし、パスワードの定期的な変更や2段階認証の設定を行うことがおすすめです。




3.適切なグループを作成し、権限を付与する


GA4では、グループを作成することで、複数のユーザーに一括でアクセス権限を付与することができます。グループを作成する際には、グループの名前やメンバーを適切に設定し、必要な権限を持つメンバーのみをグループに追加することが重要です。




4.付与した権限をドキュメント化しておく


GA4で権限を付与する際には、その内容をドキュメント化することがおすすめです。誰がどのような権限を持っているかを明確にしておくことで、権限に関する問題が生じた場合に対応することが容易になります。




5.変更履歴は必ず記録しておく


GA4では、アカウントやプロパティの設定変更履歴を記録できます。権限付与を行った場合は、定期的に変更履歴を確認し、不正な変更が行われていないかを確認することが必要です。

権限付与がうまくいかない場合の対処方法


手順通り進めてみたものの「権限がありません」と表示されるなど、お困りの際は以下の手順を試してみてください。




1.アカウントのアクセス権限を確認する


まず、アカウントに割り当てられたアクセス権限が適切に設定されているかを確認してください。特に、アカウント管理者は、GA4にアクセスするために必要な権限を持っていることを確認してください。




2.アカウントとプロパティの関係を確認する


アカウントにアクセスできる権限がある場合は、プロパティにアクセスできるようにする必要があります。アカウントにアクセスして、プロパティが正しく設定されていることを確認してください。




3.GA4の設定を確認する


GA4の設定が正しく設定されていることを確認してください。アクセス許可が必要な場合は、アカウント管理者がアクセス許可を与える必要があります。




4.キャッシュをクリアする


GA4にアクセスする際に問題が発生する場合は、ブラウザのキャッシュをクリアしてみてください。ブラウザのキャッシュに問題がある場合、アクセスに関する問題が発生することがあります。




5.ブラウザを変更する


ブラウザに問題がある場合は、別のブラウザを使用してアクセスしてみてください。別のブラウザを使用することで、問題を解決できる場合があります。


以上の手順を試しても問題が解決しない場合は、GA4のサポートセンターにお問い合わせください。

まとめ

まとめ

GA4のユーザー権限を付与すれば、他のユーザーでも設定編集やデータの閲覧などが可能です。


情報をすべて見せていい方にはアカウントユーザー管理、限定したプロパティの情報を共有したい方にはプロパティユーザー管理の権限を付与するなど、権限を与える際にはどの権限を付与するのかを慎重に判断し、意図しない情報漏えいや情報の削除などが起こらないよう、管理者は厳重な確認を行いましょう。


▼GA4権限の付与手順まとめ

GA4権限の付与手順まとめ


CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。

課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

よくある質問

よくある質問

Q1.UAとGA4では何が違いますか?

UAとGA4は、主に以下の点で違いがあります。

  1. データモデル

  2. レポート

  3. クッキーの扱い方

  4. イベントトラッキング

  5. コンバージョン

それぞれの項目について詳しい説明は、「GA4とは最新版のGoogleアナリティクス」をご覧ください。

Q2.Googleアナリティクスの権限付与の手順を教えてください。

Googleアナリティクスの権限付与の手順は以下のとおりです。

  1. Googleアナリティクスにログイン

  2. 左下の歯車アイコンからメニュー内「アカウントのアクセス管理」をクリック

  3. 画面右上の青地に白文字の「+」をクリックし、「ユーザーの追加」をクリック

  4. 権限付与する相手のメールアドレスを入力

  5. 付与する権限にチェックを入れ、「追加」をクリック

  6. 相手がメールを操作することで権限付与が完了

画像付きの説明は、「GA4の権限付与の手順とは?」をご覧ください。

GA4とは最新版のGoogleアナリティクス


GA4は、2020年10月にリリースされた最新版のGoogleアナリティクスです。新しいAI機能が搭載されているためより高度な分析が可能で、Cookieに関する制限に対処できるのが特徴の一つです。


旧GA(UA)は、2023年7月1日でのサポート停止が決まっています。そのため、現在UAを利用されている方は、データ計測を途切らせないためにも、急ぎGA4への移行が必要です。


従来のUAと比較したGA4の特徴は、主に5つあります。

Google Analyticsの特徴




権限付与は3種類


GA4には、アカウントレベルとプロパティレベル、ビューレベルの3種類の権限付与があります。


▼GA4の権限付与(3種類)


  • アカウントレベルの権限付与

全てのプロパティに関する権限が設定できます。


  • プロパティレベルの権限付与

特定のサイトのみに関する権限が設定できます。GA4アカウントとサイトをひも付けるのがプロパティで、基本的に1つのサイトにつき1つのプロパティがあります。


  • ビューレベルの権限付与

閲覧のみでプロパティやアカウントの設定を変更することはできません。



Googleアナリティクスにおけるプロパティとは、アクセスデータを収集・分析する単位のことです。例えば、ファイルの種類やプログラム、作成・更新日時がこれにあたります。従来のUAでは、1つのプロパティに対して1つのトラッキングIDが発行される形でした。しかし、GA4プロパティでは、1つのプロパティに対してウェブ用、アプリ用といった複数のトラッキングIDを発行することが可能になります。

そのため、複数のデバイスを利用するユーザーを同一ユーザーとして判定したり、ウェブとアプリを統合して分析したりできます。

従来のGoogle Analyticsアカウント構造


Google Analytics4のアカウント構造

GA4の権限付与の手順とは?


GA4の構造がわかったところで、次はGA4の権限付与の手順を説明します。




1.Googleアナリティクスアカウントを準備する


権限を付与するには、Googleアナリティクスのアカウントが必要です。用意がない場合、まずはアカウント開設から行いましょう。




2.操作画面へ移動


アカウントの準備が整ったら、Googleアナリティクスにログインします。


「ホーム」において、アカウントが権限を付与する予定のアカウントであることを確認し、左下の歯車アイコンをクリックしてください。

Google Analyticsログイン


メニュー内「アカウントのアクセス管理」をクリックしてください。


Google Analyticsアカウントのアクセス管理


画面右上の青地に白文字の「+」をクリックし、「ユーザーの追加」をクリックしてください。


Google Analyticsユーザー追加




3.メールアドレスを追加する


次に、権限付与したい相手のメールアドレスを入力してください。そして、付与したい権限の種類を選択し、「追加」をクリックしてください。

Google Analyticsユーザー追加


その後は、メール内の指示に従って、操作してください。




4.権限付与が完了


相手が権限を承認することで権限付与が完了します。

権限付与における5つの注意点


権限を付与する際は、以下の5つの注意点に気をつけてください。




1.必要な権限のみ付与する


GA4では、アカウント、プロパティ、ビューのそれぞれに異なるレベルのアクセス権限を設定することができます。権限を設定する際には、必要な権限を正確に設定し、不要な権限を与えないように注意する必要があります。


例えば、ビューのみの権限であれば、プロパティやアカウントの設定を変更することはできません。




2.セキュリティを考慮する


GA4では、権限付与により機密情報にアクセスすることができるため、セキュリティを考慮する必要があります。アカウントへのアクセス権限を持つ人物が限られるようにし、パスワードの定期的な変更や2段階認証の設定を行うことがおすすめです。




3.適切なグループを作成し、権限を付与する


GA4では、グループを作成することで、複数のユーザーに一括でアクセス権限を付与することができます。グループを作成する際には、グループの名前やメンバーを適切に設定し、必要な権限を持つメンバーのみをグループに追加することが重要です。




4.付与した権限をドキュメント化しておく


GA4で権限を付与する際には、その内容をドキュメント化することがおすすめです。誰がどのような権限を持っているかを明確にしておくことで、権限に関する問題が生じた場合に対応することが容易になります。




5.変更履歴は必ず記録しておく


GA4では、アカウントやプロパティの設定変更履歴を記録できます。権限付与を行った場合は、定期的に変更履歴を確認し、不正な変更が行われていないかを確認することが必要です。

権限付与がうまくいかない場合の対処方法


手順通り進めてみたものの「権限がありません」と表示されるなど、お困りの際は以下の手順を試してみてください。




1.アカウントのアクセス権限を確認する


まず、アカウントに割り当てられたアクセス権限が適切に設定されているかを確認してください。特に、アカウント管理者は、GA4にアクセスするために必要な権限を持っていることを確認してください。




2.アカウントとプロパティの関係を確認する


アカウントにアクセスできる権限がある場合は、プロパティにアクセスできるようにする必要があります。アカウントにアクセスして、プロパティが正しく設定されていることを確認してください。




3.GA4の設定を確認する


GA4の設定が正しく設定されていることを確認してください。アクセス許可が必要な場合は、アカウント管理者がアクセス許可を与える必要があります。




4.キャッシュをクリアする


GA4にアクセスする際に問題が発生する場合は、ブラウザのキャッシュをクリアしてみてください。ブラウザのキャッシュに問題がある場合、アクセスに関する問題が発生することがあります。




5.ブラウザを変更する


ブラウザに問題がある場合は、別のブラウザを使用してアクセスしてみてください。別のブラウザを使用することで、問題を解決できる場合があります。


以上の手順を試しても問題が解決しない場合は、GA4のサポートセンターにお問い合わせください。

まとめ

まとめ

GA4のユーザー権限を付与すれば、他のユーザーでも設定編集やデータの閲覧などが可能です。


情報をすべて見せていい方にはアカウントユーザー管理、限定したプロパティの情報を共有したい方にはプロパティユーザー管理の権限を付与するなど、権限を与える際にはどの権限を付与するのかを慎重に判断し、意図しない情報漏えいや情報の削除などが起こらないよう、管理者は厳重な確認を行いましょう。


▼GA4権限の付与手順まとめ

GA4権限の付与手順まとめ


CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。
課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

よくある質問

よくある質問

Q1.UAとGA4では何が違いますか?

UAとGA4は、主に以下の点で違いがあります。

  1. データモデル

  2. レポート

  3. クッキーの扱い方

  4. イベントトラッキング

  5. コンバージョン

それぞれの項目について詳しい説明は、「GA4とは最新版のGoogleアナリティクス」をご覧ください。

Q2.Googleアナリティクスの権限付与の手順を教えてください。

Googleアナリティクスの権限付与の手順は以下のとおりです。

  1. Googleアナリティクスにログイン

  2. 左下の歯車アイコンからメニュー内「アカウントのアクセス管理」をクリック

  3. 画面右上の青地に白文字の「+」をクリックし、「ユーザーの追加」をクリック

  4. 権限付与する相手のメールアドレスを入力

  5. 付与する権限にチェックを入れ、「追加」をクリック

  6. 相手がメールを操作することで権限付与が完了

画像付きの説明は、「GA4の権限付与の手順とは?」をご覧ください。

合わせ読みたい

合わせ読みたい

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Cozies編集部

株式会社Coziesの編集部です。デジタルマーケティングの情報をはじめ、皆さんに有意義な情報をお届けします。

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Cozies編集部

株式会社Coziesの編集部です。デジタルマーケティングの情報をはじめ、皆さんに有意義な情報をお届けします。

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Cozies編集部

株式会社Coziesの編集部です。デジタルマーケティングの情報をはじめ、皆さんに有意義な情報をお届けします。

CONTACT

お問い合わせ

デジタルマーケティングの
ご相談はこちら

インターネット広告・SEO・

Google Analytics4の設定など

デジタルマーケティングでお困りの方は

お気軽にお問い合わせください。

CONTACT

お問い合わせ