【2023年最新】Google広告のキャンペーン設定方法を詳しく解説

2023/05/09

Image

#

広告運用

Cozies編集部

【2023年最新】Google広告のキャンペーン設定方法を詳しく解説

2023/05/09

Image

#

広告運用

Cozies編集部

【2023年最新】Google広告のキャンペーン設定方法を詳しく解説

2023/05/09

Image

#

広告運用

Cozies編集部

「Google広告のキャンペーンってなに?」「Google広告の配信方法は?」


この記事では、以上のようなGoogle広告を初めたばかりの方の疑問に対して分かりやすくお答えします。Google広告のキャンペーンと配信方法を理解して、Google広告の基本事項を取得して、Google広告の運用をスムーズに開始しましょう。


説明を始める前に、Google広告について簡単に説明します。


Google広告とは、Google検索や YouTubeなどのGoogleが運用するサイトで、商品やサービスを宣伝できるオンライン広告です。Google広告の基本的な仕組みは、広告運用者が扱っている商品やサービスをユーザーがオンラインで検索したときに広告運用者の広告が表示される、というものです。Googleが自動的に広告運用者の顧客になる可能性が高いユーザーを選定して、適切なタイミングで広告を表示します。

続いて、本題のGoogle広告のキャンペーンとは何かについて説明していきます。

「Google広告のキャンペーンってなに?」「Google広告の配信方法は?」


この記事では、以上のようなGoogle広告を初めたばかりの方の疑問に対して分かりやすくお答えします。Google広告のキャンペーンと配信方法を理解して、Google広告の基本事項を取得して、Google広告の運用をスムーズに開始しましょう。


説明を始める前に、Google広告について簡単に説明します。


Google広告とは、Google検索や YouTubeなどのGoogleが運用するサイトで、商品やサービスを宣伝できるオンライン広告です。Google広告の基本的な仕組みは、広告運用者が扱っている商品やサービスをユーザーがオンラインで検索したときに広告運用者の広告が表示される、というものです。Googleが自動的に広告運用者の顧客になる可能性が高いユーザーを選定して、適切なタイミングで広告を表示します。

続いて、本題のGoogle広告のキャンペーンとは何かについて説明していきます。

「Google広告のキャンペーンってなに?」「Google広告の配信方法は?」


この記事では、以上のようなGoogle広告を初めたばかりの方の疑問に対して分かりやすくお答えします。Google広告のキャンペーンと配信方法を理解して、Google広告の基本事項を取得して、Google広告の運用をスムーズに開始しましょう。


説明を始める前に、Google広告について簡単に説明します。


Google広告とは、Google検索や YouTubeなどのGoogleが運用するサイトで、商品やサービスを宣伝できるオンライン広告です。Google広告の基本的な仕組みは、広告運用者が扱っている商品やサービスをユーザーがオンラインで検索したときに広告運用者の広告が表示される、というものです。Googleが自動的に広告運用者の顧客になる可能性が高いユーザーを選定して、適切なタイミングで広告を表示します。

続いて、本題のGoogle広告のキャンペーンとは何かについて説明していきます。

目次

Google広告のキャンペーンとは
 キャンペーンタイプは6種類
 キャンペーンで設定できること


Google広告を配信する|1.アカウントの開設
 1.Googleアカウントを開設・ログイン
 2.「エキスパートモードに切り替える」をクリック
 3.「キャンペーンなしでアカウントを作成」をクリック
 4.ビジネス情報の確認
 5.「アカウントを確認」をクリック


Google広告を配信する|2.キャンペーンの作成
 1.キャンペーンの「+」を選択し、「新しいキャンペーンを作成」をクリック
 2.キャンペーンの目標を選択
 3.キャンペーンタイプを選択
 4.目標達成を選択し、キャンペーン名を入力し、「続行」をクリック
 5.単価設定
 6.ネットワークを選択
 7.地域と言語を選択し、「次へ」をクリック
 8.キーワードと広告
 9.予算の設定
   ーGoogle広告の費用
 10.確認


Google広告を配信する|3.広告グループの作成
 1.広告グループを選択し、「+」をクリック
 2.広告グループ名とキーワードを入力
 3.広告作成
 4.広告の確認


【番外編】ターゲットを絞った配信を行う
 広告表示オプションの設定
 広告のスケジュールの設定
 デバイス設定

まとめ

よくある質問

目次

Google広告のキャンペーンとは
 キャンペーンタイプは6種類
 キャンペーンで設定できること


Google広告を配信する|1.アカウントの開設
 1.Googleアカウントを開設・ログイン
 2.「エキスパートモードに切り替える」をクリック
 3.「キャンペーンなしでアカウントを作成」をクリック
 4.ビジネス情報の確認
 5.「アカウントを確認」をクリック


Google広告を配信する|2.キャンペーンの作成
 1.キャンペーンの「+」を選択し、「新しいキャンペーンを作成」をクリック
 2.キャンペーンの目標を選択
 3.キャンペーンタイプを選択
 4.目標達成を選択し、キャンペーン名を入力し、「続行」をクリック
 5.単価設定
 6.ネットワークを選択
 7.地域と言語を選択し、「次へ」をクリック
 8.キーワードと広告
 9.予算の設定
   ーGoogle広告の費用
 10.確認


Google広告を配信する|3.広告グループの作成
 1.広告グループを選択し、「+」をクリック
 2.広告グループ名とキーワードを入力
 3.広告作成
 4.広告の確認


【番外編】ターゲットを絞った配信を行う
 広告表示オプションの設定
 広告のスケジュールの設定
 デバイス設定

まとめ

よくある質問

目次

Google広告のキャンペーンとは
 キャンペーンタイプは6種類
 キャンペーンで設定できること


Google広告を配信する|1.アカウントの開設
 1.Googleアカウントを開設・ログイン
 2.「エキスパートモードに切り替える」をクリック
 3.「キャンペーンなしでアカウントを作成」をクリック
 4.ビジネス情報の確認
 5.「アカウントを確認」をクリック


Google広告を配信する|2.キャンペーンの作成
 1.キャンペーンの「+」を選択し、「新しいキャンペーンを作成」をクリック
 2.キャンペーンの目標を選択
 3.キャンペーンタイプを選択
 4.目標達成を選択し、キャンペーン名を入力し、「続行」をクリック
 5.単価設定
 6.ネットワークを選択
 7.地域と言語を選択し、「次へ」をクリック
 8.キーワードと広告
 9.予算の設定
   ーGoogle広告の費用
 10.確認


Google広告を配信する|3.広告グループの作成
 1.広告グループを選択し、「+」をクリック
 2.広告グループ名とキーワードを入力
 3.広告作成
 4.広告の確認


【番外編】ターゲットを絞った配信を行う
 広告表示オプションの設定
 広告のスケジュールの設定
 デバイス設定

まとめ

よくある質問

本文

Google広告のキャンペーンとは

Google広告のキャンペーンとは、広告を管理するための単位です。予算やターゲット地域などを設定し、作成します。


Google広告は以下のような構成で成り立っています。


▼Google広告の構造


一つのアカウント内に複数の広告キャンペーンが存在し、その中に複数の広告グループを設定して、広告を作成していきます。それぞれの広告グループはどのような検索キーワードで表示させるかをキーワードを登録することで設定します。


キッチン用品の販売会社を例に、Google広告のキャンペーン設定について見てみましょう。


まずは広告のゴールを定めます。1つの目的に対し、1つのキャンペーンを設定する必要があるため、例えば「オンラインショップの売り上げを上げたい」というニーズがある場合、「サイトへの流入数を増加させる」ための広告キャンペーンタイプを設定します。


次に、「料理好きな人」「自社の名前を既に知っている人」など、ターゲットごとに広告グループを設定し、それぞれに応じたキーワードを登録します。


▼Google広告の構造具体例



キャンペーンタイプは6種類

Google広告の広告キャンペーンには6つの種類があります。



その他の高度なキャンペーン タイプ(ショッピング、ユニバーサルアプリ など)の詳細については、以下のリンクをご確認ください。

参考:高度な機能 | Google 広告



キャンペーンで設定できること

Google広告のキャンペーンでは、多くの指標を設定できます。




Google広告を配信する|1.アカウントの開設


広告配信を始めるにはまず、以下の3点の設定が必要です。


  1. アカウントを準備する

  2. キャンペーンを作成する

  3. グループを作成する


本章では、Google広告を始めるにあたって欠かせないアカウント開設について解説します。



1.Googleアカウントを開設・ログイン

Google広告にアクセスし、「今すぐ開始」をクリックします。


参照:気軽に利用できるオンライン広告で顧客を増やしましょう | Google 広告



2.「エキスパートモードに切り替える」をクリック

以下の画面に遷移したら、「エキスパートモードに切り替える」をクリックします。



そのまま手順のとおりに会社名を入力していくと、スマートアシストキャンペーンというキャンペーンで広告アカウントの開設とキャンペーンが作成されます。


スマートアシストキャンペーンでは、Googleが自動的に広告を運用してくれるという利点もありますが、配信の管理ができなくなるデメリットがあります。より細かく手動設定ができる点、広告の仕組みや運用方法を理解できる点からもエキスパートモードに切り替えることをおすすめします。



3.「キャンペーンなしでアカウントを作成」をクリック

下記にキャンペーン作成についての詳細を記載するので「キャンペーンなしでアカウントを作成」をクリックします。


「キャンペーンなしでアカウントを作成」をクリックせずに、そのまま目標を選択し続行すると、キャンペーンの作成に移ります。



4.ビジネス情報の確認

以下の画面ではビジネス情報の確認が行われます。「請求先住所の国」「タイムゾーン」「通貨」を確認し、情報を受け取るかの選択をして「送信」をクリックします。



5.「アカウントを確認」をクリック

これでアカウント開設は完了です。



Google広告を配信する|2.キャンペーンの作成

次は、実際に広告キャンペーンを設定していきましょう。



1.キャンペーンの「+」を選択し、「新しいキャンペーンを作成」をクリック

Google広告の画面左側に表示されている「キャンペーン」をクリックすると以下の画面に遷移します。



2.キャンペーンの目標を選択

次のページでは、キャンペーン目標が以下8点表示されます。


  • 販売促進

  • 見込み顧客の獲得

  • ウェブサイトのトラフィック

  • 商品やブランドの比較検討

  • ブランド認知度とリーチ

  • アプリのプロモーション

  • 来店数と店舗売上の向上

  • 目標を指定せずにキャンペーンを作成する


このなかから、自身に最適なキャンペーンの目的を選択しましょう。



3.キャンペーンタイプを選択

目標を選択すると、それに合わせてキャンペーンタイプが下に表示されます。以下の例は、「販売促進」を選択した場合に表示されるキャンペーンタイプです。



4.目標達成を選択し、キャンペーン名を入力し、「続行」をクリック

以下の例は「キャンペーンタイプ」で「検索」を選択した時の場合に表示されます。


コンバージョンをトラッキングするには、以下の画像真ん中に表示されている「コンバージョンアクションを作成」を選択し、コンバージョンのトラッキングコードを取得します。


このコンバージョン設定は後ほど設定することも可能です。


▼「コンバージョンアクションを作成」をクリックすると表示される画面



5.単価設定

以下の画面に遷移したら「重視している要素」を選択し、「目標コンバージョン単価」を設定します。


以上が済んだら、「次へ」をクリックします。



6.ネットワークを選択

次にネットワークを選択します。ここでは、広告をどのネットワークに表示させるかを決めることができます。



7.地域と言語を選択し、「次へ」をクリック

次に地域と言語を選択します。


その下に表示されている「オーディエンスセグメント」ではオーディエンスの調節ができます。これは任意の設定です。



8.キーワードと広告

以下の画面では実際に広告グループを作成して、入力していく作業になります。


ここでは以下に広告グループの作成方法を掲載していますので、「次へ」をクリックします。



9.予算の設定

次にこのキャンペーンの一日あたりの平均予算を入力し、「次へ」をクリックします。



Google広告の費用

Google広告では自分自身で広告予算を管理することができ、料金が発生するのは広告運用者の広告に対してユーザーがなんらかの操作を行ったときだけです。たとえば、ユーザーが広告をクリックしてお客様のサイトを訪れたり、表示された広告からお客様の店舗に電話をかけたりした場合などに料金が発生します。1回のクリックや通話の発生によってかかる費用は、いくつかの要因により変動します。


また、料金が発生するタイミングは設定によって異なります。複数のタイミングが存在する広告はどこで料金が発生するのかを設定することができます。


▼Google広告において料金が発生するタイミング



10.確認

今までの入力情報を確認して「キャンペーンを公開」を選択し、キャンペーン作成は完了です。



Google広告を配信する|3.広告グループの作成


キャンペーンを作成したあと、配信のためには広告グループの作成が必要です。以下で広告グループの作成方法について説明します。



1.広告グループを選択し、「+」をクリック

Google広告の画面左側に表示されている「広告グループ」をクリックすると以下の画面に遷移します。



2.広告グループ名とキーワードを入力

分かりやすい広告グループ名とターゲットが検索することが想定されるキーワードを入力します。



3.広告作成

以下の画面に遷移したら、


  1. 広告で誘導したいURL

  2. 表示URLのパス

  3. 広告見出し

  4. 説明文


を入力していきます。


入力が完了したら「保存して次へ」をクリックし、設定完了です。



4.広告の確認

設定が完了したら、広告が実際に出稿されているかを確認しましょう。


設定が終わった広告は、まずGoogleによる審査が行われます。広告が実際に配信されるのは、この審査で承認された後からです。承認にかかる期間は基本的に1日ですが、2日以上経ってもまだ承認されない場合はGoogleに問い合わせましょう。


参照:お問い合わせ - Google 広告 ヘルプ



【番外編】ターゲットを絞った配信を行う

ここまで、広告配信の手順とキャンペーンの基本的な設定方法について解説してきました。本章では、設定しなくても広告配信はできるものの、よりターゲットを絞って効果を高めたい時に設定すべき追加設定を紹介します。



広告表示オプションの設定

Google広告には広告表示オプションというオプション機能があります。


▼広告表示オプションとは

リスティング広告だけではカバーできない情報を、すでに作成済み広告に付け加えることによって、広告の効果を向上させることのできる機能です。



広告のスケジュールの設定

Google広告には設定した広告をいつ表示して、いつ止めるのかを曜日や時間で設定できる機能があります。自分の商材の広告を出すのに適切な時間に広告が出稿されるように設定することで、より広告の効果が高まることが想定されます。



デバイス設定

ユーザーの使用しているデバイス(スマートフォン、PC)によって表示する広告を分けたり、入札する金額を分けたりすることができます。

まとめ

Google広告のキャンペーンは広告管理の単位の一つであり、キャンペーンやグループを目的ごとに作成し、適した場所で配信することができます。


しかし、広告で得たい成果とキャンペーンタイプがマッチしないと、広告の効果が思うように上がりません。限りある予算で最大限の成果を得るためにも、自社の目的にマッチした適切なキャンペーンタイプを選択する必要があります。本記事で紹介したステップで適切なキャンペーンを設定し、広告配信の成果を高めましょう。

CONTACT

デジタルマーケティングのお困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。

課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで、

効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

よくある質問

Q1.Google広告が表示されません。どうしたらいいですか?

まずキャンペーン設定を確認しましょう。予算が少ないと、キャンペーンが制限されて広告が表示されません。この場合は予算を上げることで対処できます。

次に配信ステータスを確認しましょう。そもそも広告が「有効」になっていなければ広告は表示されません。この場合は配信ステータスを「有効」に切り替えることで対処できます。

上記2つに当てはまらない場合は、キャンペーンの設定期日やGoogleによる承認状況を確認してみるとよいでしょう。


Q2.入稿した広告が不承認になった場合の対処方法は?

広告や誘導先のサイトページの不適切な表現を削除して対応しましょう。

過激であったり差別的な表現は不承認の原因となります。また、「必ず痩せる」といった大げさな表現も不承認の対象になります。

広告を入稿する際はGoogleの広告ポリシーをしっかり確認しておくことが大切です。

参照:Google 広告のポリシー


Q3.実際に広告を出稿できたけど、クリックされません。どうしたらいいですか?

まず、予算を確認しましょう。一日あたりの平均の予算やキーワードに対する入札価格が低すぎると、広告の表示が制限されてしまいます。

次に考えられる原因はキーワードボリュームが少ないことです。キーワードの管理画面のステータスを確認して、「検索ボリュームが少ない」というアラートが表示されていないかを確認しましょう。アラートが表示されていたら、よりボリュームが大きいキーワードを登録したり、キーワードのマッチタイプを「完全一致」から「部分一致」にするといった対応を行いましょう。

本文

Google広告のキャンペーンとは

Google広告のキャンペーンとは、広告を管理するための単位です。予算やターゲット地域などを設定し、作成します。


Google広告は以下のような構成で成り立っています。


▼Google広告の構造


一つのアカウント内に複数の広告キャンペーンが存在し、その中に複数の広告グループを設定して、広告を作成していきます。それぞれの広告グループはどのような検索キーワードで表示させるかをキーワードを登録することで設定します。


キッチン用品の販売会社を例に、Google広告のキャンペーン設定について見てみましょう。


まずは広告のゴールを定めます。1つの目的に対し、1つのキャンペーンを設定する必要があるため、例えば「オンラインショップの売り上げを上げたい」というニーズがある場合、「サイトへの流入数を増加させる」ための広告キャンペーンタイプを設定します。


次に、「料理好きな人」「自社の名前を既に知っている人」など、ターゲットごとに広告グループを設定し、それぞれに応じたキーワードを登録します。


▼Google広告の構造具体例



キャンペーンタイプは6種類

Google広告の広告キャンペーンには6つの種類があります。



その他の高度なキャンペーン タイプ(ショッピング、ユニバーサルアプリ など)の詳細については、以下のリンクをご確認ください。

参考:高度な機能 | Google 広告



キャンペーンで設定できること

Google広告のキャンペーンでは、多くの指標を設定できます。




Google広告を配信する|1.アカウントの開設


広告配信を始めるにはまず、以下の3点の設定が必要です。


  1. アカウントを準備する

  2. キャンペーンを作成する

  3. グループを作成する


本章では、Google広告を始めるにあたって欠かせないアカウント開設について解説します。



1.Googleアカウントを開設・ログイン

Google広告にアクセスし、「今すぐ開始」をクリックします。


参照:気軽に利用できるオンライン広告で顧客を増やしましょう | Google 広告



2.「エキスパートモードに切り替える」をクリック

以下の画面に遷移したら、「エキスパートモードに切り替える」をクリックします。



そのまま手順のとおりに会社名を入力していくと、スマートアシストキャンペーンというキャンペーンで広告アカウントの開設とキャンペーンが作成されます。


スマートアシストキャンペーンでは、Googleが自動的に広告を運用してくれるという利点もありますが、配信の管理ができなくなるデメリットがあります。より細かく手動設定ができる点、広告の仕組みや運用方法を理解できる点からもエキスパートモードに切り替えることをおすすめします。



3.「キャンペーンなしでアカウントを作成」をクリック

下記にキャンペーン作成についての詳細を記載するので「キャンペーンなしでアカウントを作成」をクリックします。


「キャンペーンなしでアカウントを作成」をクリックせずに、そのまま目標を選択し続行すると、キャンペーンの作成に移ります。



4.ビジネス情報の確認

以下の画面ではビジネス情報の確認が行われます。「請求先住所の国」「タイムゾーン」「通貨」を確認し、情報を受け取るかの選択をして「送信」をクリックします。



5.「アカウントを確認」をクリック

これでアカウント開設は完了です。



Google広告を配信する|2.キャンペーンの作成

次は、実際に広告キャンペーンを設定していきましょう。



1.キャンペーンの「+」を選択し、「新しいキャンペーンを作成」をクリック

Google広告の画面左側に表示されている「キャンペーン」をクリックすると以下の画面に遷移します。



2.キャンペーンの目標を選択

次のページでは、キャンペーン目標が以下8点表示されます。


  • 販売促進

  • 見込み顧客の獲得

  • ウェブサイトのトラフィック

  • 商品やブランドの比較検討

  • ブランド認知度とリーチ

  • アプリのプロモーション

  • 来店数と店舗売上の向上

  • 目標を指定せずにキャンペーンを作成する


このなかから、自身に最適なキャンペーンの目的を選択しましょう。



3.キャンペーンタイプを選択

目標を選択すると、それに合わせてキャンペーンタイプが下に表示されます。以下の例は、「販売促進」を選択した場合に表示されるキャンペーンタイプです。



4.目標達成を選択し、キャンペーン名を入力し、「続行」をクリック

以下の例は「キャンペーンタイプ」で「検索」を選択した時の場合に表示されます。


コンバージョンをトラッキングするには、以下の画像真ん中に表示されている「コンバージョンアクションを作成」を選択し、コンバージョンのトラッキングコードを取得します。


このコンバージョン設定は後ほど設定することも可能です。


▼「コンバージョンアクションを作成」をクリックすると表示される画面



5.単価設定

以下の画面に遷移したら「重視している要素」を選択し、「目標コンバージョン単価」を設定します。


以上が済んだら、「次へ」をクリックします。



6.ネットワークを選択

次にネットワークを選択します。ここでは、広告をどのネットワークに表示させるかを決めることができます。



7.地域と言語を選択し、「次へ」をクリック

次に地域と言語を選択します。


その下に表示されている「オーディエンスセグメント」ではオーディエンスの調節ができます。これは任意の設定です。



8.キーワードと広告

以下の画面では実際に広告グループを作成して、入力していく作業になります。


ここでは以下に広告グループの作成方法を掲載していますので、「次へ」をクリックします。



9.予算の設定

次にこのキャンペーンの一日あたりの平均予算を入力し、「次へ」をクリックします。



Google広告の費用

Google広告では自分自身で広告予算を管理することができ、料金が発生するのは広告運用者の広告に対してユーザーがなんらかの操作を行ったときだけです。たとえば、ユーザーが広告をクリックしてお客様のサイトを訪れたり、表示された広告からお客様の店舗に電話をかけたりした場合などに料金が発生します。1回のクリックや通話の発生によってかかる費用は、いくつかの要因により変動します。


また、料金が発生するタイミングは設定によって異なります。複数のタイミングが存在する広告はどこで料金が発生するのかを設定することができます。


▼Google広告において料金が発生するタイミング



10.確認

今までの入力情報を確認して「キャンペーンを公開」を選択し、キャンペーン作成は完了です。



Google広告を配信する|3.広告グループの作成


キャンペーンを作成したあと、配信のためには広告グループの作成が必要です。以下で広告グループの作成方法について説明します。



1.広告グループを選択し、「+」をクリック

Google広告の画面左側に表示されている「広告グループ」をクリックすると以下の画面に遷移します。



2.広告グループ名とキーワードを入力

分かりやすい広告グループ名とターゲットが検索することが想定されるキーワードを入力します。



3.広告作成

以下の画面に遷移したら、


  1. 広告で誘導したいURL

  2. 表示URLのパス

  3. 広告見出し

  4. 説明文


を入力していきます。


入力が完了したら「保存して次へ」をクリックし、設定完了です。



4.広告の確認

設定が完了したら、広告が実際に出稿されているかを確認しましょう。


設定が終わった広告は、まずGoogleによる審査が行われます。広告が実際に配信されるのは、この審査で承認された後からです。承認にかかる期間は基本的に1日ですが、2日以上経ってもまだ承認されない場合はGoogleに問い合わせましょう。


参照:お問い合わせ - Google 広告 ヘルプ



【番外編】ターゲットを絞った配信を行う

ここまで、広告配信の手順とキャンペーンの基本的な設定方法について解説してきました。本章では、設定しなくても広告配信はできるものの、よりターゲットを絞って効果を高めたい時に設定すべき追加設定を紹介します。



広告表示オプションの設定

Google広告には広告表示オプションというオプション機能があります。


▼広告表示オプションとは

リスティング広告だけではカバーできない情報を、すでに作成済み広告に付け加えることによって、広告の効果を向上させることのできる機能です。



広告のスケジュールの設定

Google広告には設定した広告をいつ表示して、いつ止めるのかを曜日や時間で設定できる機能があります。自分の商材の広告を出すのに適切な時間に広告が出稿されるように設定することで、より広告の効果が高まることが想定されます。



デバイス設定

ユーザーの使用しているデバイス(スマートフォン、PC)によって表示する広告を分けたり、入札する金額を分けたりすることができます。

まとめ

Google広告のキャンペーンは広告管理の単位の一つであり、キャンペーンやグループを目的ごとに作成し、適した場所で配信することができます。


しかし、広告で得たい成果とキャンペーンタイプがマッチしないと、広告の効果が思うように上がりません。限りある予算で最大限の成果を得るためにも、自社の目的にマッチした適切なキャンペーンタイプを選択する必要があります。本記事で紹介したステップで適切なキャンペーンを設定し、広告配信の成果を高めましょう。

CONTACT

デジタルマーケティングのお困りごとはCoziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。

課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

よくある質問

Q1.Google広告が表示されません。どうしたらいいですか?

まずキャンペーン設定を確認しましょう。予算が少ないと、キャンペーンが制限されて広告が表示されません。この場合は予算を上げることで対処できます。

次に配信ステータスを確認しましょう。そもそも広告が「有効」になっていなければ広告は表示されません。この場合は配信ステータスを「有効」に切り替えることで対処できます。

上記2つに当てはまらない場合は、キャンペーンの設定期日やGoogleによる承認状況を確認してみるとよいでしょう。


Q2.入稿した広告が不承認になった場合の対処方法は?

広告や誘導先のサイトページの不適切な表現を削除して対応しましょう。

過激であったり差別的な表現は不承認の原因となります。また、「必ず痩せる」といった大げさな表現も不承認の対象になります。

広告を入稿する際はGoogleの広告ポリシーをしっかり確認しておくことが大切です。

参照:Google 広告のポリシー


Q3.実際に広告を出稿できたけど、クリックされません。どうしたらいいですか?

まず、予算を確認しましょう。一日あたりの平均の予算やキーワードに対する入札価格が低すぎると、広告の表示が制限されてしまいます。

次に考えられる原因はキーワードボリュームが少ないことです。キーワードの管理画面のステータスを確認して、「検索ボリュームが少ない」というアラートが表示されていないかを確認しましょう。アラートが表示されていたら、よりボリュームが大きいキーワードを登録したり、キーワードのマッチタイプを「完全一致」から「部分一致」にするといった対応を行いましょう。

本文

Google広告のキャンペーンとは

Google広告のキャンペーンとは、広告を管理するための単位です。予算やターゲット地域などを設定し、作成します。


Google広告は以下のような構成で成り立っています。


▼Google広告の構造


一つのアカウント内に複数の広告キャンペーンが存在し、その中に複数の広告グループを設定して、広告を作成していきます。それぞれの広告グループはどのような検索キーワードで表示させるかをキーワードを登録することで設定します。


キッチン用品の販売会社を例に、Google広告のキャンペーン設定について見てみましょう。


まずは広告のゴールを定めます。1つの目的に対し、1つのキャンペーンを設定する必要があるため、例えば「オンラインショップの売り上げを上げたい」というニーズがある場合、「サイトへの流入数を増加させる」ための広告キャンペーンタイプを設定します。


次に、「料理好きな人」「自社の名前を既に知っている人」など、ターゲットごとに広告グループを設定し、それぞれに応じたキーワードを登録します。


▼Google広告の構造具体例



キャンペーンタイプは6種類

Google広告の広告キャンペーンには6つの種類があります。



その他の高度なキャンペーン タイプ(ショッピング、ユニバーサルアプリ など)の詳細については、以下のリンクをご確認ください。

参考:高度な機能 | Google 広告



キャンペーンで設定できること

Google広告のキャンペーンでは、多くの指標を設定できます。




Google広告を配信する|1.アカウントの開設


広告配信を始めるにはまず、以下の3点の設定が必要です。


  1. アカウントを準備する

  2. キャンペーンを作成する

  3. グループを作成する


本章では、Google広告を始めるにあたって欠かせないアカウント開設について解説します。



1.Googleアカウントを開設・ログイン

Google広告にアクセスし、「今すぐ開始」をクリックします。


参照:気軽に利用できるオンライン広告で顧客を増やしましょう | Google 広告



2.「エキスパートモードに切り替える」をクリック

以下の画面に遷移したら、「エキスパートモードに切り替える」をクリックします。



そのまま手順のとおりに会社名を入力していくと、スマートアシストキャンペーンというキャンペーンで広告アカウントの開設とキャンペーンが作成されます。


スマートアシストキャンペーンでは、Googleが自動的に広告を運用してくれるという利点もありますが、配信の管理ができなくなるデメリットがあります。より細かく手動設定ができる点、広告の仕組みや運用方法を理解できる点からもエキスパートモードに切り替えることをおすすめします。



3.「キャンペーンなしでアカウントを作成」をクリック

下記にキャンペーン作成についての詳細を記載するので「キャンペーンなしでアカウントを作成」をクリックします。


「キャンペーンなしでアカウントを作成」をクリックせずに、そのまま目標を選択し続行すると、キャンペーンの作成に移ります。



4.ビジネス情報の確認

以下の画面ではビジネス情報の確認が行われます。「請求先住所の国」「タイムゾーン」「通貨」を確認し、情報を受け取るかの選択をして「送信」をクリックします。



5.「アカウントを確認」をクリック

これでアカウント開設は完了です。



Google広告を配信する|2.キャンペーンの作成

次は、実際に広告キャンペーンを設定していきましょう。



1.キャンペーンの「+」を選択し、「新しいキャンペーンを作成」をクリック

Google広告の画面左側に表示されている「キャンペーン」をクリックすると以下の画面に遷移します。



2.キャンペーンの目標を選択

次のページでは、キャンペーン目標が以下8点表示されます。


  • 販売促進

  • 見込み顧客の獲得

  • ウェブサイトのトラフィック

  • 商品やブランドの比較検討

  • ブランド認知度とリーチ

  • アプリのプロモーション

  • 来店数と店舗売上の向上

  • 目標を指定せずにキャンペーンを作成する


このなかから、自身に最適なキャンペーンの目的を選択しましょう。



3.キャンペーンタイプを選択

目標を選択すると、それに合わせてキャンペーンタイプが下に表示されます。以下の例は、「販売促進」を選択した場合に表示されるキャンペーンタイプです。



4.目標達成を選択し、キャンペーン名を入力し、「続行」をクリック

以下の例は「キャンペーンタイプ」で「検索」を選択した時の場合に表示されます。


コンバージョンをトラッキングするには、以下の画像真ん中に表示されている「コンバージョンアクションを作成」を選択し、コンバージョンのトラッキングコードを取得します。


このコンバージョン設定は後ほど設定することも可能です。


▼「コンバージョンアクションを作成」をクリックすると表示される画面



5.単価設定

以下の画面に遷移したら「重視している要素」を選択し、「目標コンバージョン単価」を設定します。


以上が済んだら、「次へ」をクリックします。



6.ネットワークを選択

次にネットワークを選択します。ここでは、広告をどのネットワークに表示させるかを決めることができます。



7.地域と言語を選択し、「次へ」をクリック

次に地域と言語を選択します。


その下に表示されている「オーディエンスセグメント」ではオーディエンスの調節ができます。これは任意の設定です。



8.キーワードと広告

以下の画面では実際に広告グループを作成して、入力していく作業になります。


ここでは以下に広告グループの作成方法を掲載していますので、「次へ」をクリックします。



9.予算の設定

次にこのキャンペーンの一日あたりの平均予算を入力し、「次へ」をクリックします。



Google広告の費用

Google広告では自分自身で広告予算を管理することができ、料金が発生するのは広告運用者の広告に対してユーザーがなんらかの操作を行ったときだけです。たとえば、ユーザーが広告をクリックしてお客様のサイトを訪れたり、表示された広告からお客様の店舗に電話をかけたりした場合などに料金が発生します。1回のクリックや通話の発生によってかかる費用は、いくつかの要因により変動します。


また、料金が発生するタイミングは設定によって異なります。複数のタイミングが存在する広告はどこで料金が発生するのかを設定することができます。


▼Google広告において料金が発生するタイミング



10.確認

今までの入力情報を確認して「キャンペーンを公開」を選択し、キャンペーン作成は完了です。



Google広告を配信する|3.広告グループの作成


キャンペーンを作成したあと、配信のためには広告グループの作成が必要です。以下で広告グループの作成方法について説明します。



1.広告グループを選択し、「+」をクリック

Google広告の画面左側に表示されている「広告グループ」をクリックすると以下の画面に遷移します。



2.広告グループ名とキーワードを入力

分かりやすい広告グループ名とターゲットが検索することが想定されるキーワードを入力します。



3.広告作成

以下の画面に遷移したら、


  1. 広告で誘導したいURL

  2. 表示URLのパス

  3. 広告見出し

  4. 説明文


を入力していきます。


入力が完了したら「保存して次へ」をクリックし、設定完了です。



4.広告の確認

設定が完了したら、広告が実際に出稿されているかを確認しましょう。


設定が終わった広告は、まずGoogleによる審査が行われます。広告が実際に配信されるのは、この審査で承認された後からです。承認にかかる期間は基本的に1日ですが、2日以上経ってもまだ承認されない場合はGoogleに問い合わせましょう。


参照:お問い合わせ - Google 広告 ヘルプ



【番外編】ターゲットを絞った配信を行う

ここまで、広告配信の手順とキャンペーンの基本的な設定方法について解説してきました。本章では、設定しなくても広告配信はできるものの、よりターゲットを絞って効果を高めたい時に設定すべき追加設定を紹介します。



広告表示オプションの設定

Google広告には広告表示オプションというオプション機能があります。


▼広告表示オプションとは

リスティング広告だけではカバーできない情報を、すでに作成済み広告に付け加えることによって、広告の効果を向上させることのできる機能です。



広告のスケジュールの設定

Google広告には設定した広告をいつ表示して、いつ止めるのかを曜日や時間で設定できる機能があります。自分の商材の広告を出すのに適切な時間に広告が出稿されるように設定することで、より広告の効果が高まることが想定されます。



デバイス設定

ユーザーの使用しているデバイス(スマートフォン、PC)によって表示する広告を分けたり、入札する金額を分けたりすることができます。

まとめ

Google広告のキャンペーンは広告管理の単位の一つであり、キャンペーンやグループを目的ごとに作成し、適した場所で配信することができます。


しかし、広告で得たい成果とキャンペーンタイプがマッチしないと、広告の効果が思うように上がりません。限りある予算で最大限の成果を得るためにも、自社の目的にマッチした適切なキャンペーンタイプを選択する必要があります。本記事で紹介したステップで適切なキャンペーンを設定し、広告配信の成果を高めましょう。

CONTACT

デジタルマーケティングのお困りごとはCoziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。

課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

よくある質問

Q1.Google広告が表示されません。どうしたらいいですか?

まずキャンペーン設定を確認しましょう。予算が少ないと、キャンペーンが制限されて広告が表示されません。この場合は予算を上げることで対処できます。

次に配信ステータスを確認しましょう。そもそも広告が「有効」になっていなければ広告は表示されません。この場合は配信ステータスを「有効」に切り替えることで対処できます。

上記2つに当てはまらない場合は、キャンペーンの設定期日やGoogleによる承認状況を確認してみるとよいでしょう。


Q2.入稿した広告が不承認になった場合の対処方法は?

広告や誘導先のサイトページの不適切な表現を削除して対応しましょう。

過激であったり差別的な表現は不承認の原因となります。また、「必ず痩せる」といった大げさな表現も不承認の対象になります。

広告を入稿する際はGoogleの広告ポリシーをしっかり確認しておくことが大切です。

参照:Google 広告のポリシー


Q3.実際に広告を出稿できたけど、クリックされません。どうしたらいいですか?

まず、予算を確認しましょう。一日あたりの平均の予算やキーワードに対する入札価格が低すぎると、広告の表示が制限されてしまいます。

次に考えられる原因はキーワードボリュームが少ないことです。キーワードの管理画面のステータスを確認して、「検索ボリュームが少ない」というアラートが表示されていないかを確認しましょう。アラートが表示されていたら、よりボリュームが大きいキーワードを登録したり、キーワードのマッチタイプを「完全一致」から「部分一致」にするといった対応を行いましょう。

この記事を書いた人

Cozies編集部

株式会社Coziesの編集部です。デジタルマーケティングの情報をはじめ、皆さんに有意義な情報をお届けします。

この記事を書いた人

Cozies編集部

株式会社Coziesの編集部です。デジタルマーケティングの情報をはじめ、皆さんに有意義な情報をお届けします。

この記事を書いた人

Cozies編集部

株式会社Coziesの編集部です。デジタルマーケティングの情報をはじめ、皆さんに有意義な情報をお届けします。

CONTACT

お問い合わせ

デジタルマーケティングの
ご相談はこちら

インターネット広告・SEO・

Google Analytics4の設定など

デジタルマーケティングでお困りの方は

お気軽にお問い合わせください。

CONTACT

お問い合わせ

デジタルマーケティングのご相談はこちら

インターネット広告・SEO・

Google Analytics4の設定など

デジタルマーケティングでお困りの方は

お気軽にお問い合わせください。

CONTACT

お問い合わせ

デジタルマーケティングの
ご相談はこちら

インターネット広告・SEO・

Google Analytics4の設定など

デジタルマーケティングでお困りの方は

お気軽にお問い合わせください。