Google アナリティクス 4でクリック数を正確にカウントする方法

2023/09/29

Image

2023/09/29

Image

Cozies編集部

クリック数_計測

Google アナリティクス 4でクリック数を正確にカウントする方法

2023/09/29

Image

2023/09/29

Image

Cozies編集部

クリック数_計測

Google アナリティクス 4でクリック数を正確にカウントする方法

2023/09/29

Image

2023/09/29

Image

Cozies編集部

クリック数_計測
  • 測定機能の許可をオンにすることで計測できるクリック数と、計測方法

  • イベント設定が必要なクリック数と設定方法

  • イベント設定時の注意点

この記事でわかること

2023年7月より、これまでGoogleが提供していたウェブ分析ツールであるユニバーサルアナリティクス(以下、UA)が利用できなくなるため、Google Analytics4(以下、GA4)への移行が必須となります。GA4を導入して解析を進めていく中で、クリック数の計測に関してGA4を十分に活用しきれていないと感じる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

「クリック」とひとくちに言っても、「動画を再生する」「他のページへ遷移する」「PDFをダウンロードする」など様々です。実はデフォルトの状態で計測できないクリック数もあります。

これらのクリック数は、拡張計測機能を使ったりイベントの設定を行ったりすれば計測が可能です。本記事では、拡張計測機能、イベントの設定を使ったクリック数の計測方法について画像付きで解説します。

ウェブサイトの改修には正確な情報が必要ですので、このデータを基にサイト改修を行ってCV率をアップさせましょう。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティングの会社です。

自社コンテンツを中心に、課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、オウンドメディア支援、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで、

効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

  • 測定機能の許可をオンにすることで計測できるクリック数と、計測方法

  • イベント設定が必要なクリック数と設定方法

  • イベント設定時の注意点

この記事でわかること

2023年7月より、これまでGoogleが提供していたウェブ分析ツールであるユニバーサルアナリティクス(以下、UA)が利用できなくなるため、Google Analytics4(以下、GA4)への移行が必須となります。GA4を導入して解析を進めていく中で、クリック数の計測に関してGA4を十分に活用しきれていないと感じる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

「クリック」とひとくちに言っても、「動画を再生する」「他のページへ遷移する」「PDFをダウンロードする」など様々です。実はデフォルトの状態で計測できないクリック数もあります。

これらのクリック数は、拡張計測機能を使ったりイベントの設定を行ったりすれば計測が可能です。本記事では、拡張計測機能、イベントの設定を使ったクリック数の計測方法について画像付きで解説します。

ウェブサイトの改修には正確な情報が必要ですので、このデータを基にサイト改修を行ってCV率をアップさせましょう。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。

課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

  • 測定機能の許可をオンにすることで計測できるクリック数と、計測方法

  • イベント設定が必要なクリック数と設定方法

  • イベント設定時の注意点

この記事でわかること

2023年7月より、これまでGoogleが提供していたウェブ分析ツールであるユニバーサルアナリティクス(以下、UA)が利用できなくなるため、Google Analytics4(以下、GA4)への移行が必須となります。GA4を導入して解析を進めていく中で、クリック数の計測に関してGA4を十分に活用しきれていないと感じる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

「クリック」とひとくちに言っても、「動画を再生する」「他のページへ遷移する」「PDFをダウンロードする」など様々です。実はデフォルトの状態で計測できないクリック数もあります。

これらのクリック数は、拡張計測機能を使ったりイベントの設定を行ったりすれば計測が可能です。本記事では、拡張計測機能、イベントの設定を使ったクリック数の計測方法について画像付きで解説します。

ウェブサイトの改修には正確な情報が必要ですので、このデータを基にサイト改修を行ってCV率をアップさせましょう。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。
課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

クリックアクションの種類を区別しよう


Google アナリティクス 4(GA4)は、さまざまなウェブサイト分析に関する情報を収集してくれる便利なツールで、アップデート前のUAと比べて「よりユーザー中心の計測が可能」という点が特徴です。

GA4を用いると、サイトの改善に必要な指標である動画再生のボタンのクリック、サイト内に置いたツイッターアカウントのリンクのクリック、同一サイト内のページに遷移するクリック、などを容易に計測できるようになります。

しかし、これらのクリックアクションの中には、デフォルト設定のGA4で計測できるものと、設定しないと計測できないものがあります。はじめに、クリックアクションの内訳をおさえましょう。

測定機能の強化で計測できるクリック数


動画エンゲージメントや、PDFのダウンロードに伴うクリック、ページスクロールについては、測定機能を強化することで計測できるようになります。ユニバーサルアナリティクス(UA)では手動やGoogle タグ マネージャー(GTM)でのパラメータ設定が必要でしたが、GA4では「測定機能の強化」でイベントトラッキングの測定が可能です。



測定機能の強化をONにして計測する方法


GA4の[左メニューバーの管理(歯車マーク)→ データストリーム] からイベントトラッキングの設定を行いたいデータストリームを選択します。


データストリーム


イベントの項目の「拡張計測機能」をボタンをクリックしてONにします。


拡張計測機能


これで、イベント計測が可能になりました。

イベントの設定が必要なクリック数


上記の拡張計測機能の強化で計測できないクリック数もあり、これを「カスタムイベント」といいます。正確にはカスタムイベントとは、「自動収集イベント」「拡張機能の強化イベント」「推奨イベント」で取得することができないイベントのことをいいます。

たとえば、外部リンクのクリック数などがこれに相当します。カスタムイベントの設定にはGA4設定画面上で行うものと、GTM上で計測設定を行うものの2種類があります。



1. GA4設定画面上でデータ探索を使って測定する方法


ここでは例として外部リンクのクリック数の計測方法を紹介します。

GA4の左側メニュー→「探索」→「空白」から新しいデータ探索を作成します。


データ探索


次に、データ探索名を設定します。あとで見返すときや、他の人が見たときも分かるような名前にしておきましょう。


データ検索名の設定


「+」アイコン→「イベントセグメント」で、セグメントを追加します。


セグメントの追加


セグメント名を変更し、条件に「click」イベントを追加します。


セグメント名の変更


clickイベントの追加


設定できたら、画面右上の「保存して適用」を選択します。これでセグメントの追加は完了です。

セグメントの次は、ディメンションを追加します。 変数タブのディメンジョンの「+」アイコン→「リンク先URL」「ページパス+クエリ文字列」を追加します。


ディメンションの追加1


ディメンションの追加2


上の検索バーから探すこともできます。

次に指標を追加します。変数タブの指標の 「+」アイコン→「イベント数」「総ユーザー数」を追加します。


指標の追加


続いて、セグメントをレポートに適用します。変数タブのセグメント→「セグメントの比較」に作成したセグメントをドラッグ&ドロップします。


セグメントをレポートに適用


ディメンションを適用します。こちらも設定タブの「行」へドラッグ&ドロップです。


ディメンションの適用


指標を適用します。 こちらも設定タブの「値」へドラッグ&ドロップです。


指標の適用


レポートを確認します。正しく設定されていれば次のようにレポートが表示されます。


レポートの確認


URLごとにクリック数とクリックした総ユーザー数を表示させることができます。

日付や表示方法などはカスタマイズが可能ですので、ご自身の目的に合わせてカスタマイズしてみてください。



2. GTMを用いてカスタムイベントの設定を行い測定する方法


カスタムイベントの作成によって特定のURLのリンクをクリックしたときにイベントを発火させられます。

手順は以下の通りです。

左メニューバーの管理(歯車マーク)→「カスタム定義」→「カスタムディメンションを作成」からカスタムディメンションを作成します。


カスタム定義


ディメンション名「link_url」イベントパラメータ「link_url」を入力し保存します。


新しいカスタムディメンション


左メニューバーの管理(歯車マーク)→「イベント」→「イベントを作成」で新規にカスタムイベントを作成します。 

以下のように、カスタムイベント名、パラメータ:event_name、パラメータ:link_urlを入力します。


イベントの作成


レポートの「リアルタイム」から動作を確認します。自分でリンクをクリックするなどして、発火回数がカウントされていれば意図通りに動作しています。

カスタムイベントをコンバージョンとして計測するには、設定→「コンバージョン」→「新しいコンバージョンイベント」から作成したイベントを登録します。


イベントの作成

イベント計測時には二重計測に注意


上記2種類のイベント取得設定方法を紹介しましたが、両方とも設定すると二重計測になる可能性があります。

二重計測は、GTMでのカスタムイベント計測条件が、計測機能の強化イベントの計測条件を包含する場合に発生します。

これを防ぐには、

  • 二重計測となりうる計測機能の強化イベントをOFFにする

  • GTMのカスタムイベントのトリガー条件が計測機能の強化イベントの計測条件を含まないようにする

などの方法があります。ただし、測定機能の強化イベントの計測条件は変更できません。

まとめ

まとめ

正確にクリック数を計測してクリック数を増加させよう


サイト公開後の分析・改善には正確なクリック数の計測が不可欠です。この結果を、ターゲットの絞り込み、広告リニューアルに活かすことができます。しかしクリックにも種類があり、それぞれ計測の方法も異なります。正確にクリック数を測定することで分析の幅を広げ、クリック数増加につなげましょう。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティングの会社です。

自社コンテンツを中心に、課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、オウンドメディア支援、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで、

効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

よくある質問

よくある質問

イベントの設定が必要なクリック数は?

イベントの設定が必要なクリック数は、以下2種類です。

  1. GA4設定画面上でデータ探索を使って測定する方法

  2. GTMを用いてカスタムイベントの設定を行い測定する方法

詳しくは「イベントの設定が必要なクリック数」をご覧ください。

GA4のイベント計測を失敗しないポイントは?

「GA4設定画面上でデータ探索を使って測定する」「GTMを用いてカスタムイベントの設定を行い測定する」の2種類のイベント取得設定方法を紹介しましたが、両方とも設定すると二重計測になる可能性があるため注意が必要です。

二重計測は、GTMでのカスタムイベント計測条件が、計測機能の強化イベントの計測条件を包含する場合に発生します。

これを防ぐには、

  • 二重計測となりうる計測機能の強化イベントをOFFにする

  • GTMのカスタムイベントのトリガー条件が計測機能の強化イベントの計測条件を含まないようにする

などの対策をとる必要があります。

詳しくは「イベント計測時には二重計測に注意」をご覧ください。

クリックアクションの種類を区別しよう


Google アナリティクス 4(GA4)は、さまざまなウェブサイト分析に関する情報を収集してくれる便利なツールで、アップデート前のUAと比べて「よりユーザー中心の計測が可能」という点が特徴です。

GA4を用いると、サイトの改善に必要な指標である動画再生のボタンのクリック、サイト内に置いたツイッターアカウントのリンクのクリック、同一サイト内のページに遷移するクリック、などを容易に計測できるようになります。

しかし、これらのクリックアクションの中には、デフォルト設定のGA4で計測できるものと、設定しないと計測できないものがあります。はじめに、クリックアクションの内訳をおさえましょう。

測定機能の強化で計測できるクリック数


動画エンゲージメントや、PDFのダウンロードに伴うクリック、ページスクロールについては、測定機能を強化することで計測できるようになります。ユニバーサルアナリティクス(UA)では手動やGoogle タグ マネージャー(GTM)でのパラメータ設定が必要でしたが、GA4では「測定機能の強化」でイベントトラッキングの測定が可能です。



測定機能の強化をONにして計測する方法


GA4の[左メニューバーの管理(歯車マーク)→ データストリーム] からイベントトラッキングの設定を行いたいデータストリームを選択します。


データストリーム


イベントの項目の「拡張計測機能」をボタンをクリックしてONにします。


拡張計測機能


これで、イベント計測が可能になりました。

イベントの設定が必要なクリック数


上記の拡張計測機能の強化で計測できないクリック数もあり、これを「カスタムイベント」といいます。正確にはカスタムイベントとは、「自動収集イベント」「拡張機能の強化イベント」「推奨イベント」で取得することができないイベントのことをいいます。

たとえば、外部リンクのクリック数などがこれに相当します。カスタムイベントの設定にはGA4設定画面上で行うものと、GTM上で計測設定を行うものの2種類があります。



1. GA4設定画面上でデータ探索を使って測定する方法


ここでは例として外部リンクのクリック数の計測方法を紹介します。

GA4の左側メニュー→「探索」→「空白」から新しいデータ探索を作成します。


データ探索


次に、データ探索名を設定します。あとで見返すときや、他の人が見たときも分かるような名前にしておきましょう。


データ検索名の設定


「+」アイコン→「イベントセグメント」で、セグメントを追加します。


セグメントの追加


セグメント名を変更し、条件に「click」イベントを追加します。


セグメント名の変更


clickイベントの追加


設定できたら、画面右上の「保存して適用」を選択します。これでセグメントの追加は完了です。

セグメントの次は、ディメンションを追加します。 変数タブのディメンジョンの「+」アイコン→「リンク先URL」「ページパス+クエリ文字列」を追加します。


ディメンションの追加1


ディメンションの追加2


上の検索バーから探すこともできます。

次に指標を追加します。変数タブの指標の 「+」アイコン→「イベント数」「総ユーザー数」を追加します。


指標の追加


続いて、セグメントをレポートに適用します。変数タブのセグメント→「セグメントの比較」に作成したセグメントをドラッグ&ドロップします。


セグメントをレポートに適用


ディメンションを適用します。こちらも設定タブの「行」へドラッグ&ドロップです。


ディメンションの適用


指標を適用します。 こちらも設定タブの「値」へドラッグ&ドロップです。


指標の適用


レポートを確認します。正しく設定されていれば次のようにレポートが表示されます。


レポートの確認


URLごとにクリック数とクリックした総ユーザー数を表示させることができます。

日付や表示方法などはカスタマイズが可能ですので、ご自身の目的に合わせてカスタマイズしてみてください。



2. GTMを用いてカスタムイベントの設定を行い測定する方法


カスタムイベントの作成によって特定のURLのリンクをクリックしたときにイベントを発火させられます。

手順は以下の通りです。

左メニューバーの管理(歯車マーク)→「カスタム定義」→「カスタムディメンションを作成」からカスタムディメンションを作成します。


カスタム定義


ディメンション名「link_url」イベントパラメータ「link_url」を入力し保存します。


新しいカスタムディメンション


左メニューバーの管理(歯車マーク)→「イベント」→「イベントを作成」で新規にカスタムイベントを作成します。 

以下のように、カスタムイベント名、パラメータ:event_name、パラメータ:link_urlを入力します。


イベントの作成


レポートの「リアルタイム」から動作を確認します。自分でリンクをクリックするなどして、発火回数がカウントされていれば意図通りに動作しています。

カスタムイベントをコンバージョンとして計測するには、設定→「コンバージョン」→「新しいコンバージョンイベント」から作成したイベントを登録します。


イベントの作成

イベント計測時には二重計測に注意


上記2種類のイベント取得設定方法を紹介しましたが、両方とも設定すると二重計測になる可能性があります。

二重計測は、GTMでのカスタムイベント計測条件が、計測機能の強化イベントの計測条件を包含する場合に発生します。

これを防ぐには、

  • 二重計測となりうる計測機能の強化イベントをOFFにする

  • GTMのカスタムイベントのトリガー条件が計測機能の強化イベントの計測条件を含まないようにする

などの方法があります。ただし、測定機能の強化イベントの計測条件は変更できません。

まとめ

まとめ

正確にクリック数を計測してクリック数を増加させよう


サイト公開後の分析・改善には正確なクリック数の計測が不可欠です。この結果を、ターゲットの絞り込み、広告リニューアルに活かすことができます。しかしクリックにも種類があり、それぞれ計測の方法も異なります。正確にクリック数を測定することで分析の幅を広げ、クリック数増加につなげましょう。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。

課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

よくある質問

よくある質問

イベントの設定が必要なクリック数は?

イベントの設定が必要なクリック数は、以下2種類です。

  1. GA4設定画面上でデータ探索を使って測定する方法

  2. GTMを用いてカスタムイベントの設定を行い測定する方法

詳しくは「イベントの設定が必要なクリック数」をご覧ください。

GA4のイベント計測を失敗しないポイントは?

「GA4設定画面上でデータ探索を使って測定する」「GTMを用いてカスタムイベントの設定を行い測定する」の2種類のイベント取得設定方法を紹介しましたが、両方とも設定すると二重計測になる可能性があるため注意が必要です。

二重計測は、GTMでのカスタムイベント計測条件が、計測機能の強化イベントの計測条件を包含する場合に発生します。

これを防ぐには、

  • 二重計測となりうる計測機能の強化イベントをOFFにする

  • GTMのカスタムイベントのトリガー条件が計測機能の強化イベントの計測条件を含まないようにする

などの対策をとる必要があります。

詳しくは「イベント計測時には二重計測に注意」をご覧ください。

クリックアクションの種類を区別しよう


Google アナリティクス 4(GA4)は、さまざまなウェブサイト分析に関する情報を収集してくれる便利なツールで、アップデート前のUAと比べて「よりユーザー中心の計測が可能」という点が特徴です。

GA4を用いると、サイトの改善に必要な指標である動画再生のボタンのクリック、サイト内に置いたツイッターアカウントのリンクのクリック、同一サイト内のページに遷移するクリック、などを容易に計測できるようになります。

しかし、これらのクリックアクションの中には、デフォルト設定のGA4で計測できるものと、設定しないと計測できないものがあります。はじめに、クリックアクションの内訳をおさえましょう。

測定機能の強化で計測できるクリック数


動画エンゲージメントや、PDFのダウンロードに伴うクリック、ページスクロールについては、測定機能を強化することで計測できるようになります。ユニバーサルアナリティクス(UA)では手動やGoogle タグ マネージャー(GTM)でのパラメータ設定が必要でしたが、GA4では「測定機能の強化」でイベントトラッキングの測定が可能です。



測定機能の強化をONにして計測する方法


GA4の[左メニューバーの管理(歯車マーク)→ データストリーム] からイベントトラッキングの設定を行いたいデータストリームを選択します。


データストリーム


イベントの項目の「拡張計測機能」をボタンをクリックしてONにします。


拡張計測機能


これで、イベント計測が可能になりました。

イベントの設定が必要なクリック数


上記の拡張計測機能の強化で計測できないクリック数もあり、これを「カスタムイベント」といいます。正確にはカスタムイベントとは、「自動収集イベント」「拡張機能の強化イベント」「推奨イベント」で取得することができないイベントのことをいいます。

たとえば、外部リンクのクリック数などがこれに相当します。カスタムイベントの設定にはGA4設定画面上で行うものと、GTM上で計測設定を行うものの2種類があります。



1. GA4設定画面上でデータ探索を使って測定する方法


ここでは例として外部リンクのクリック数の計測方法を紹介します。

GA4の左側メニュー→「探索」→「空白」から新しいデータ探索を作成します。


データ探索


次に、データ探索名を設定します。あとで見返すときや、他の人が見たときも分かるような名前にしておきましょう。


データ検索名の設定


「+」アイコン→「イベントセグメント」で、セグメントを追加します。


セグメントの追加


セグメント名を変更し、条件に「click」イベントを追加します。


セグメント名の変更


clickイベントの追加


設定できたら、画面右上の「保存して適用」を選択します。これでセグメントの追加は完了です。

セグメントの次は、ディメンションを追加します。 変数タブのディメンジョンの「+」アイコン→「リンク先URL」「ページパス+クエリ文字列」を追加します。


ディメンションの追加1


ディメンションの追加2


上の検索バーから探すこともできます。

次に指標を追加します。変数タブの指標の 「+」アイコン→「イベント数」「総ユーザー数」を追加します。


指標の追加


続いて、セグメントをレポートに適用します。変数タブのセグメント→「セグメントの比較」に作成したセグメントをドラッグ&ドロップします。


セグメントをレポートに適用


ディメンションを適用します。こちらも設定タブの「行」へドラッグ&ドロップです。


ディメンションの適用


指標を適用します。 こちらも設定タブの「値」へドラッグ&ドロップです。


指標の適用


レポートを確認します。正しく設定されていれば次のようにレポートが表示されます。


レポートの確認


URLごとにクリック数とクリックした総ユーザー数を表示させることができます。

日付や表示方法などはカスタマイズが可能ですので、ご自身の目的に合わせてカスタマイズしてみてください。



2. GTMを用いてカスタムイベントの設定を行い測定する方法


カスタムイベントの作成によって特定のURLのリンクをクリックしたときにイベントを発火させられます。

手順は以下の通りです。

左メニューバーの管理(歯車マーク)→「カスタム定義」→「カスタムディメンションを作成」からカスタムディメンションを作成します。


カスタム定義


ディメンション名「link_url」イベントパラメータ「link_url」を入力し保存します。


新しいカスタムディメンション


左メニューバーの管理(歯車マーク)→「イベント」→「イベントを作成」で新規にカスタムイベントを作成します。 

以下のように、カスタムイベント名、パラメータ:event_name、パラメータ:link_urlを入力します。


イベントの作成


レポートの「リアルタイム」から動作を確認します。自分でリンクをクリックするなどして、発火回数がカウントされていれば意図通りに動作しています。

カスタムイベントをコンバージョンとして計測するには、設定→「コンバージョン」→「新しいコンバージョンイベント」から作成したイベントを登録します。


イベントの作成

イベント計測時には二重計測に注意


上記2種類のイベント取得設定方法を紹介しましたが、両方とも設定すると二重計測になる可能性があります。

二重計測は、GTMでのカスタムイベント計測条件が、計測機能の強化イベントの計測条件を包含する場合に発生します。

これを防ぐには、

  • 二重計測となりうる計測機能の強化イベントをOFFにする

  • GTMのカスタムイベントのトリガー条件が計測機能の強化イベントの計測条件を含まないようにする

などの方法があります。ただし、測定機能の強化イベントの計測条件は変更できません。

まとめ

まとめ

正確にクリック数を計測してクリック数を増加させよう


サイト公開後の分析・改善には正確なクリック数の計測が不可欠です。この結果を、ターゲットの絞り込み、広告リニューアルに活かすことができます。しかしクリックにも種類があり、それぞれ計測の方法も異なります。正確にクリック数を測定することで分析の幅を広げ、クリック数増加につなげましょう。

CONTACT

デジタルマーケティングの
お困りごとは
Coziesへご相談ください

Coziesはデジタルマーケティング会社です。
課題整理からインターネットを起点とした持続的な関係づくりを得意としています。

伴走型マーケティング支援で、ファイルや数値のレポートを棚卸し・作成・実運用のような日常業務の整備から、ウェブ広告(Google、Yahoo!リスティング広告・GDN・YDA・Facebook・Instagramなど)、 SEO、UIUXの改善まで 効果最大化と全体効率化を一気通貫でご対応いたします。

よくある質問

よくある質問

イベントの設定が必要なクリック数は?

イベントの設定が必要なクリック数は、以下2種類です。

  1. GA4設定画面上でデータ探索を使って測定する方法

  2. GTMを用いてカスタムイベントの設定を行い測定する方法

詳しくは「イベントの設定が必要なクリック数」をご覧ください。

GA4のイベント計測を失敗しないポイントは?

「GA4設定画面上でデータ探索を使って測定する」「GTMを用いてカスタムイベントの設定を行い測定する」の2種類のイベント取得設定方法を紹介しましたが、両方とも設定すると二重計測になる可能性があるため注意が必要です。

二重計測は、GTMでのカスタムイベント計測条件が、計測機能の強化イベントの計測条件を包含する場合に発生します。

これを防ぐには、

  • 二重計測となりうる計測機能の強化イベントをOFFにする

  • GTMのカスタムイベントのトリガー条件が計測機能の強化イベントの計測条件を含まないようにする

などの対策をとる必要があります。

詳しくは「イベント計測時には二重計測に注意」をご覧ください。

合わせ読みたい

合わせ読みたい

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Cozies編集部

株式会社Coziesの編集部です。デジタルマーケティングの情報をはじめ、皆さんに有意義な情報をお届けします。

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Cozies編集部

株式会社Coziesの編集部です。デジタルマーケティングの情報をはじめ、皆さんに有意義な情報をお届けします。

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Cozies編集部

株式会社Coziesの編集部です。デジタルマーケティングの情報をはじめ、皆さんに有意義な情報をお届けします。

CONTACT

お問い合わせ

デジタルマーケティングの
ご相談はこちら

インターネット広告・SEO・

Google Analytics4の設定など

デジタルマーケティングでお困りの方は

お気軽にお問い合わせください。

CONTACT

お問い合わせ

デジタル
マーケティングの
ご相談はこちら

インターネット広告・SEO・

Google Analytics4の設定など

デジタルマーケティングでお困りの方は

お気軽にお問い合わせくださ